将来まで見据えた
省エネ住宅

生涯住む事を考慮した
長期ライフサイクルコスト

縁 創建工房の「和が家」は
“ローコスト住宅”では
ありません。
「安物買いの銭失い」にならない為に、
考えて欲しい生涯住居費について

浪費住宅 × ローコスト住宅 =
ハイコストな消費住宅

ローコスト住宅というのは、低価格住宅などといった意味合いでよく使われますが縁 創建工房では、低価格を実現するために建材にこだわらず、とにかく安い建材、工期のかからない工法で建築されたお家を「ローコスト住宅」と表現しています。そして、えてしてそのように建てられたお家は光熱費が高く、将来的に修繕費が高くついてしまう、ライフサイクルコストが短い浪費住宅なのです。
ライフサイクルコストとは、家にかかる修繕費や光熱費のこと。
修繕費は具体的には水回り(キッチン、お風呂、トイレ、洗面化粧台)そしてガス給湯器・エコキュートなどの修理や交換や十年後の屋根や外壁の維持管理のためのリフォーム費用等のことです。建売であれ、注文建築であれ、住宅を購入した場合、一生涯そのお家に住む可能性があります。
初期コスト(住宅購入)を抑えたい、という気持ちに翻弄されて、長期的に継続してかかってくる光熱費と将来的に負担することになる修繕&メンテナンス費用を忘れてはいけません。

省エネ住宅 × 長期優良住宅 =
将来まで見据えた省エネ住宅

家の価格の基準が、建売住宅や、広告に掲載している価格が判断基準となるのは、厳密には正しくありません。なぜなら、住居費用は一過性の消費されるものではなく、継続して支払いが続く“生活費”だからです。
住宅ローンは35年で終わりますが、光熱費は家がある限り、支払いは永遠に続きます。光熱費ができるだけかからない家にするだけで、数十年後には数百万円も変わります。「縁 創建工房」の「和が家」は、人体に無害な自然素材の良さを活かした健康住宅。自然素材は高価なため、建売住宅に比べるとどうしても高額になってしまいます。
それでも経済的に「和が家」をオススメできる理由、それがライフサイクルコストが安く済むという大きなメリットなのです。
縁 創建工房の「和が家」は、半永久的に使用できるといわれる断熱材「サーモウール」や、耐久性に優れたヒノキの構造材、汚れたらお客様自身で何度も塗り替えできる自然壁紙「オガファーザー」などメンテナンスフリーの自然素材をふんだんに使用しているため長寿命。将来かかる家の修繕費が大幅に抑えられます。
また、調湿、断熱性に優れた「省エネ住宅」のため光熱費も安く、長い目で見るとオトクな家になります。

それでは、「我が家」の標準仕様で
建てたお客様の
2年間の光熱費を見てみましょう。

HIDEさんにお聞きしました!

我が家はガスと電気の2種類。夏場はエアコンをほとんどつけない生活をしています。冬はガスファンヒーターを使用するのでガス代は上がりますが、設定温度をかなり低くしてもすぐ暖かくなるので快適。家族みんながリビングに集まるので、そこの対策だけでいいというのもあると思いますが、家の性能がいいからだと思いますね!

Sさんにお聞きしました!

「梅雨時や真夏でも外出先から帰宅すると、涼しい爽やか〜な空気を感じることができて、光熱費が建て替え前の半分から3分の2程度に抑えられたことには驚き。吹き抜けがあるにも関わらず、夏でも冬でもよくエアコンは効いてくれます。オール電化にしていることも節電に役立っていると思いますね。」

数年住まわれたお施主様に、
光熱費についての実感をお聞かせ頂きました。

寝屋川市I様

ガスと電気の2種類にしてもらったのは、万が一の時のリスク回避のため。電気は太陽光発電を導入していますが、家の陽当りが良く発電量が一年を通して多いので、毎月売電の方が多いくらい。電気代は毎月3千円〜6千円の間くらいで1万円を超えることは絶対にないです。夏の暑いでも家に入るととてもひんやりしていて…天然素材の家の涼しさ&温かさは確実に経済的です。

家族構成 夫婦、子供1人の3人家族 住宅スペック 2階建てで15畳のリビング

大東市T様

我が家はオール電化の太陽光発電。オール電化だとガスの基本料金がかからないのでその分お得で、かなりの節約です。また一年間平均でみると、売電の方が多いので、家計も大助かり!羊毛の断熱材の調湿効果でしょうか、夏は家が本当に涼しく2階でクーラーを使うことはほとんどないですね。

家族構成 祖母に夫婦、子2人の5人
家族 住宅スペック 35坪の2階建てで吹き抜けアリ 備考 奥様のお母様は週の半分
在宅

このページの先頭へ