社長BLOG 家づくり奮闘記

永遠の課題

つい先日お客様と追加工事の件で話をしていました。その時の僕の気持ちですが
追加工事は、やはり金額がついてくるものなので微妙な問題です[:がく~:]
創建工房の家づくりに共感して頂き、もちろん打ち合わせも納得してもらえるまで何回でもするのですが工事前に当社の標準仕様以外にアイデアなどをこちらから出して共感してもらっても冒頭のように金額がついてきます。
僕の経験上の話ですがお客様は住宅工事の専門ではないので図面ではなかなか伝わりにくい箇所がどうしてもあります。
上棟後、実際の家に入り間取りや空間の雰囲気などが、わかってきてお客様のほうから
「こういうの作れる?」
「こういう素材見つけてんけど」
「やっぱり珪藻土塗ってもらおっかな?」等々があります。
(もちろんこういう話し合いも家づくりの一環として必要な流れのような気がしますが)
僕は家づくりの仕事をしているプロとして先に施主様に予想し「‥様のここの空間はやっぱり珪藻土がいいですよ。しかし追加工事になりますので追加の金額を下さい」などなかなか言えません。もちろん経営者として言わなければなりませんが‥
良いものを作るには金額が高い(いいものは高い理論)は僕は反対です。
たとえばローコスト住宅でもお客様が満足して納得していればその人にとっての自分たちの想いが詰まった家ができ工務店にありがとう!となりますよね?
ハウスメーカーであれ地元の小さな工務店であれ施主様が納得してくれていればいいんですよね[:楽しい:](僕の理念として説得するのではなく納得してもらう)
もちろん一人一人考え方が違うように金額の高い安いなどの価値観は違いますが完工して施主様がこの家はほんまにいい!落ち着くし最高!と言ってくれればすべてリセットします!単純なので[:あっかんべー:]まだまだ小さな会社ですが施主様の世界に一つだけの想いが詰まった家を造るお手伝いがしたいと強く思っています[:グッド:]
創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ