社長BLOG 家づくり奮闘記

大切な資源

今日何気なしにテレビを見ると速水林業の社長が出ていました。

昔から知っている林業家の方です。 知り合いではないですよ(笑)

速水林業さんは日本の森を守りながら林業の活性化に取り組んでいる企業です。
家づくりをしている僕としても、興味深々でした。

アラスカの原生林が映っていたのですが、50年前から伐採が始り約70%は森林破壊され
現在はというと、森が消えたそうです…

なぜでしょうか

我々日本人が買っているからです。

約50%は日本に輸出されているそうです。

速水社長が言っていましたが、日本の企業が買うから森が破壊されるのです。
北欧などの林業もそうですが日本の企業が、かなり買い占めているそうです…

海外の木は安いのです。
安くて大量に仕入れができる事により、日本の林業はさらに衰退していくという
悪循環だそうです。

国産の林業の現実はというと、戦後ピーク時の杉の単価は現在7分の1になったそうです。

そんな現況にも負けずに速水林業さんは国産の森を守りながら、きちんと管理をして林業を
活性化させる想いで頑張っているんです。

素晴らしいですね。

世界的企業のトヨタ自動車も森を守るためにも、林業を今後のビジネスモデルにして
参入するそうです。
今後のビジネスモデルを作りたいそうで速水林業さんに管理を委託するそうです。

こういう流れは良い事と思います。

創建工房は国産にこだわり和歌山の周参見から檜を仕入れ構造材に使用しています。

伐採しても計画的に植林をして枝打ちをしながら、きちんと管理をすれば森林破壊には
ならないしですし結果、林業が活性化して森は守られるのです。

安いから海外から買う…だから森が破壊されていく…
日本が50%輸入している現実…

真剣に考え向き合っていかなければならないと思いました。
創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ