社長BLOG 家づくり奮闘記

本日の気づき

友人の事務所工事に初めて1日入れました

半日大工として工事して…
打ち合わせの都合で帰って、また次の日は会議や打ち合わせで空けて…
半日工事して、また空けて…

こんな調子ですので、本日は気合入りまくりで、バタバタ動いて季節に逆らい大汗をかいていました(笑)

打ち合わせのため下見に来た、水道屋さんのY親方と電器屋さんのNさんと三人で昼食を食べながら、おしゃべりタイムです。

今年創建工房では、もっとチームの輪も結束しなければならないし、何より現在の家づくりに満足せずに少しずつでもレベルアップをしていきたいと思っています。

久しぶりに現場の雰囲気で話をしていたら、トークもヒートアップしてきて「収まりや、もっと意思の疎通もスムーズに進むためにはどうしたら良いか?という会議でも今度事務所でやろう!」っと自分から提案すると

「いいですね。やりましょう!」っと二つ返事のY親方と
苦笑いのNさんがいました

業界にモノ申す事言いますが、住宅業界がよく言う言葉があります。

「あそこの建売は段取り悪い。もう二度と仕事したくないけど、仕事量はあるしな…」
「ハウスメーカーは厳しいから、やりにくいし金額も安いし…」
「あそこは大工が手が悪い」
「あそこの工務店は金額が安いから早く終わらさな割にあわん」

こんなんで、いいんですかね?住宅業界。
(もちろん私の周りでも素晴らしい家づくりしている住宅屋さんも沢山ありますし、きちんとした建物を建てているメーカーさんも、分譲屋さんもありますが)

安くても厳しくても段取りが悪くても、「住む」のは、業界の人間ではなく消費者の施主様なのです。ずっとずっと住む家なんです。

自分の都合で妥協したり、人のせいにしたりしたらダメなんです。

魂込めて仕事せなあかんのです。

感情論だけで仕事はできませんし、「商売」と「こだわり」は反する事かも知れませんが、作り手も施主様も五分の関係でお互いを尊重しながら、最後に笑えたらいいと思っています。

自分はまだまだ若造で、完璧な人間でもなんでもないですし、失敗も沢山しますし、課題も山積みですが、家づくりで妥協したらあきませんよね

きりがない事を言っているかもしれないですが、

間違いなく思う事は、やっぱりおもしろいですよ。物作りって!

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ