社長BLOG 家づくり奮闘記

縁の下の力持ち。

「枚方市小倉町の家」配筋検査です

月末の上棟に向けての基礎工事は順調です。

  

コンクリートを打設してしまえば見えない鉄筋ですが、構造上大事な場所です。
ですので検査員のチェックも真剣そのものです。

  

地鎮祭時に神主さんに頂いた鎮物も見えなくなるので急いで記念撮影です

 

無事に検査を合格した後は、コンクリートを流し込み基礎は順調に仕上げっていきます。
この後の工程はコンクリートの強度が出るまで養生期間を経て、いよいよ土台付け、上棟という流れです

建築は完成してしまえば見えなくなる場所が多いですが、見えなくなる個所は構造上かなり大事な個所ばかりですので第三者の検査はかなり重要と思います。

基礎は長年家を支えていき、

屋根は風雨から家を守り、

断熱材は快適な室温調整の手助けとなり

ひのきの柱や梁、構造金物は地震で家が倒壊しない為に…
殆ど見えなくなる個所ですが本当に大切な個所です。

基礎屋さん寒い中、お疲れ様です!

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ