社長BLOG 家づくり奮闘記

正直に。

この頃、施主様やOBの施主様、チーム縁創建工房のメンバーなど…
沢山の方に「ブログ読んでいるで!」との言葉を頂きます

本当にありがとうございます

前回の完成見学会では初めてお会いした方に「ブログを読んで共感する事もあったので実際に見に来ました」とお声を掛けて頂きました。

そんなん言われたら目も見れないぐらい照れましたが…

中卒の自分が、世界中からいつでも見れるインターネット経由でブログを配信している現実は考え深いものでもあります。

近頃ふと自分の心の中で

「なんの為にブログを書いてんの?」

と言う声が聞こえてきます。

ブログを初めて2年経過して、今では記事も数百を超えています。
当初は正直どこかで

「よく思われたい」とか考えていました。

でも今は思っていません。

誤解を恐れずに言いますと、自分という人間は本当にまだまだ課題も沢山あると思います。
しかし綺麗ごとな事を記事にしても只の宣伝で薄っぺらい事になりそうな気もします。

読んでいる方も真剣ですから書く私も真剣です。

自分は家をつくる仕事を生業にして自分の意思で選んだ訳です。
毎日真剣に家造りしながら思う事は、やっぱり、ただこういう家造りの形がある事実を

「知って欲しい」

それだけのような気がします。

不器用な作り手達は、どんな想いで毎日家造りをしているのか?

これからどんな家を造っていくのか?

自分の一生に一回の家造りには、どんなメンバーが係わって作っていくのか?

そういうごく当たり前の事をブログで発信していければ、それでいいような気もします。

私もまだまだ若造なので、正直腹も立つことも沢山あります。

見学会などで
「これってなんぼなん?」

「こんな家嫌やわ」とか言われるとめっちゃ腹も立ちます。

ハウスメーカーの営業研修を受けたスーツを着た男前のお兄さんには対応できても、私には無理です創建工房は小さい会社で展示場もありません。

だからこそ非現実的な展示用ではなく、家造りを実際にしているリアルなストーリーを含め、家そのものを見てほしい。その結果勉強しながら比較検討をして今後の家造りの参考になったらいい。ただそれだけなんです。

否定的な方や、ただ安ければいいこだわりが無い方や、大手メーカー信者の方はお断りなのです。 

もちろん大切な家を提供してくれている施主様の為にもルールを守らない方は論外です。

こういう姿勢は賛否両論あるでしょうが
私はあんまり気にしません。あ・ん・ま・りですよ(笑)

施主様は一生に一回の家づくり。
だから失敗は許されない。

私たち作り手も一生の仕事に選んだ仕事は家をつくる事。
だから真剣に。

手抜きや情熱がない人はダメなんです。

時間は戻ってきません。

今思った事を大切にして、決して正解のない家造りに向き合いながら生きていくのでしょうね。

何が言いたいねん!っと読者の気持ちを代弁しながら終わりたいと思います(悲)

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ