社長BLOG 家づくり奮闘記

裏方さんいつもありがとう。

桧の柱、杉の梁は和歌山県周参見町から仕入れていますが、床材である桧や杉は奈良県吉野町から。

そんな吉野町に親子でコツコツ頑張っている材木屋さんがあります。

日常のストレスから逃れるために奈良県は吉野町まで行ってきました。

  

大阪では考えられない大自然で癒されます

工場で大量に生産される工業製品ではなく、大自然から頂戴した本物の木にこだわり使用していますが、実際に原木から生産される過程を見て勉強したい想いで行きました。

  

ただ床に張ってしまえば感じる事ではないかも知れませんが、一枚の床材になるまで本当に厳しい目で厳選され沢山の人が関わり加工されているのです。

  ←これは何かわかりますか?

自然の素材である桧や杉は沢山の水分を含んでいます。

この水分が実は曲者で乾く過程でひび割れます。ですので、お日様の下で乾燥させるのです。しかし時間が掛かるので問題になっていました。

今は乾燥技術が進み人工的に大きな釜で乾燥させるのです。
興味深深の私は釜の中に入りたくなり無理なお願いを。

約55度の熱風は一度経験してみては(笑)

  ←釜の中です。 

1週間も釜の中に入ってゆっくり乾燥され加工工程に入ります。

  

原木から実に沢山の工程を経て施主様の家に届けられる。
そんなストーリーは感激でした!

  

 

山をぐるっと一回りしながら…
床材の工場、プレカット工場、吉野材を使った家具屋さん…など。
本当に楽しく勉強になりました。

  

  
 
材木屋さんの社長のお兄さんが営んでいる、椎茸農家にも行きお土産まで頂きました。
これがめっちゃおいしかった!

  

この大自然と付き合いながら家づくりをしている事に感謝して頑張ります!


創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ