社長BLOG 家づくり奮闘記

答えは自分の中に。

5月に入って、お客様と沢山のお話をさせて頂きました。

中古物件を購入され自然素材でリフォームを検討中の方。

マンションの湿気に悩まされての全面リフォームの方。

創建工房の見学会に数回参加されて、いよいよ、本腰を入れて土地探しからのご相談の方。

同じく見学会に数回参加され土地探しをしているのですが、なかなか土地を購入する決め手が無く、再度ご相談に来た方。

土地が見つかったので、プランを計画して欲しいとのご依頼をしてきた方。

実に沢山の内容の濃いお話をしました。

リフォームでも、新築でも、土地探しでも、お客様が望んでいるのは快適な空間での新しい生活。

多種多様なストーリーを一番近い距離で一緒に考え、悩み、進んでいくのが私たちの役目なのです。

そんな私が今までしてきた事は、家づくりの主役は施主様なので施主様の想いを全部受け止めて、進んでいく事。

しかしこの頃、思う事があります。

私は家づくりのプロですし、家づくりを自分の生涯の仕事と決めています。

そんな自分が思う事は

「時には施主様の背中を強く押してあげる事も必要なんかな?」

そんな事をここ数カ月考えています。

私は沢山のリフォームも新築住宅も、土地探しの事も経験しているので想像すれば、どうなるか分かる事があります。

しかし施主様の意思を一番尊重してあげたい。

こんな事も思う訳です。

もちろん決定権は私には無いですからね。

しかし最近尊敬する同業の社長から言われた言葉が

「良いと思う事は無理にでも薦めよう」と言う事。

無理にでも薦めると言ったら誤解を招きそうですが…。

まあ相変わらず不器用な私です。

「自分の親やったら?友人やったら?気使わんと言うやろ!」

これも響きました。

ドストライクでした(笑)

自分の中途半端な気持ちが、施主様の家づくりのスピードを遅めているんやったら、こんなに残念な事はありません。


トライ&エラーを繰り返しながら勉強の日々です

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ