社長BLOG 家づくり奮闘記

地鎮祭

「枚方市氷室台の家」地鎮祭です。

天気は晴天も晴天

朝から地縄張りや設営準備で大汗を流しました。

 CIMG1251.JPG CIMG1258.JPG

 CIMG1292.JPG CIMG1303.JPG

地鎮祭について調べてみると…
 

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。

一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行う。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供える。また、関西などの特定の地方によっては伊勢神宮近隣の浜から砂または塩を取り寄せ、四隅に置く場合もある。祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟に榊をつけた「真榊」を立てる場合もある。この五色絹は五行説における天地万物を組成している5つの要素、つまり木・火・土・金・水を表している。

難しいですね???

つまり家を建てる前に土地の神に挨拶をして工事の安全等を祈る事です。
大切な事だと思います。

 CIMG1330.JPG CIMG1325.JPG  

 CIMG1341.JPG CIMG1386.JPG

式典は厳粛な雰囲気の中、無事に終了しました。

目に見える家造りがいよいよスタートします

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ