社長BLOG 家づくり奮闘記

明確な基準

家づくりに関する書籍を購入しては、また新しい書籍を購入しての繰り返しを数年間続けています。

会社にも自宅にも沢山の本が並んでいます。

設計屋目線の本

ハウスメーカー目線の本

工務店目線の本

こだわり棟梁目線の本

消費者目線の本…

よく分からない人の本?

数十冊読みましたが、全部違う事を書いています。
これはすごい事ですよね(笑)

ある本は〇〇工法が良いとか…
〇〇には気をつけろとか…
ずっっと読んでいけば巻末に、〇〇工法協会監修なんて文字が。

また違う本を読めば、FC(フランチャイズ)の社長が書いた本だったりします。

プロでなければならない業界人が書いた本が、これだけぶれていたら、ある意味素人の施主様側は悩んで当たり前ですね。私もHPや雑誌など媒体で、宣伝はしていますから消費者側からすれば、違う事を言っている一つの会社なのでしょうね。これは嫌ですね…(悲)

本を書いている人は実名を出し、責任を持って書いているでしょうから、聞けば答えてくれるから良いと思いますが、やはり明確な基準が無い住宅業界では判断基準は難しいでしょうね。

工法、仕様、価格、ブランド、保証、工期の速さ、特許工法、会社の歴史、職人の腕、営業マン、場所、紹介、社長、チラシ、見学会参加…

以前ご相談を受けた方は、検討中の会社に静岡県の会社が入っていましたから。
これはスゴイですね。行くと言った会社もスゴイですが…

この文章を読んでくれた方で悩んでいる方は、沢山脚を運んで勉強して、作り手側の人とお話して下さい。おそらく一番近道ですから。

何か感じます。その直感はあながち間違いはありません。

感覚的な事で申し訳ありません…
創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ