社長BLOG 家づくり奮闘記

和が家

またこの時期がやってきました。

来週末には「枚方市香里ケ丘の家」お引き渡しです。

お引き渡しの時期が近づいてくると、妙に寂しくなってきます。
もちろん施主様と一緒に家づくりを終えた充実感もありますが、それ以上に寂しい気持ちになるのです。これは一向に直りそうにありません。

しかし作り手が終わる時は、施主様は新しい生活がスタートするのです。
ですから嬉しい気持ちも沢山湧いてきますから、+-=0と思います。

家が全てだとは思いませんが、家は家族にとって非常に大切な空間です。

仕事から帰ってきてONからOFFに切り替えるとか、家族が待っている空間はとか、子供が成長するのはとか、親戚が集まったりとか、友達が遊びにきてくれたり、おじいちゃん、おばあちゃんが孫の顔を見にきてくれたり、子供が巣立っても帰ってくる場所、実家ができたり…

全部家ですもんね。

だから家は「買う」のでは無く「作る」と考えます。

営業マンが安くしてきたとか、住宅会社が決算だからサービスするとか…
では無いと思うのです。私が言うのもおかしいですが、ある意味素材ありきでは無く、もっと大切な事ってあるように思うのです。

皆さんキチンと見極めて納得されて素敵な「家」に住んで下さいね。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ