社長BLOG 家づくり奮闘記

ボタンの掛け違いはすぐに直します

自分の仕事に誇りを持っていますか?
仕事が好きですか?

もっと言うなら、何のために仕事をしていますか?

「そんな事深く考えた事はない」
「生活の為」
「家族の為」
「子供の為」
「お金を儲けたいから」
「人に認められたいから」
「出世したいから」
「なんとなく」
「そんな事考えたことが無い」
「世の中の為」
「労働は人間の義務だから」

沢山の理由があるでしょう。

私は職人上がりの人間ですが、大工時代にお金を儲けたいからという理由で仕事をしていませんでした。

単純に大工の仕事が大好きでした。

「もっといい家を作りたい」
「もっと沢山の仕事を覚えたい」
「もっとこだわって仕事をしたい」
「難しい仕事をしたい」
「お客さんに喜んで欲しい」

本当にそういう気持ちで仕事をしていました。

お金より、「やりがい」を一番に考え毎日を過ごしていました。

もちろん理想と現実があり、こういった考えでは仕事があっても、お金は残りません。当時仕事を頂いていた会社には重宝されました。言われた事以上の事を勝手にやっていましたから(笑)

ですので、私の周りには本当に迷惑をかけました。

しかしこういう馬鹿な考えの大工を、もう一つ上のステージに引き上げてくれる会社とは出会いませんでした。

そういう過程を経て、現在小さい会社ながらも会社の責任者として、経営も学び、社会にもまれて沢山の人に教えて頂き、毎日修行しながら、自分が理想とする家づくりの会社にはなっていっていると思います。

つまり自分が大工としても、他の業者さんとしても、魅力のあるやりがいのある会社も目指しているのです。

同時に施主様の事を考え、自分が住まい手として、家づくりを考えた時に魅力のある会社になるためにも、勝手な作り手のエゴではなく、今はきちんと適正な価格で家づくりをしていると思っています。
適正価格の定義は難しいですから、これ以上は書きませんが、自分では本当にそう思っています。つまりお客様に「損」は絶対にさせていない金額だと思っています。

それは業者さんも同じです。

しかし私はどうして現場出身の人間で、大工時代は前述の気持ちで仕事をしてきた現状もやはり根底にはありますので、金額の事ばかり言ってくる業者さは、???マークがでます。もちろんお金は大切です。綺麗ごとでばかりではいけません。

でもお金の事が先にきたら、複雑な気持ちになります。

私たちはプロなのです。施主様から一生に一回の家づくりを託されたプロなのです。

そこには自分だけの都合なんて、どうでもいいのです。
自分の勝手な都合を押し通したいなら、自分の価値観にあう会社の仕事をすればいいだけの事ですから。

世の中お金儲けが上手い方は沢山いらっしゃいます。私は本当に下手と思います。おそらく会社を経営している人間で、私みたいに、お金が先にきたらダメと言い切る人間は、商売人失格のレッテルをペタペタと数十枚以上貼られるでしょう。

でもいいんじゃないですか?こう言った変わった人間がいても。
今日もスタッフ梶野、柳生と話をしていても、「また始まった…」的な目で見られましたが…

みんなお金が先ではなくて、もっと住む方の事を想いましょうよ。喜んでもらいたいじゃないですか、心から施主様に。

賛否両論あるでしょうが、正直に生きたいですよね。

正直に思った事は言いたいですよね。恐れずに(笑)

私は業者さんに、好かれたいとは一切思いません。仲良し倶楽部は勘弁して欲しいです。

しかし創建工房の仕事は好きと言われたい。
実際私たちチームの方、一定の方には言ってもらえます。

ハウスメーカーや建売や地場のビルダーの仕事もしている業者さんから、「自分の家建ててや!」と言われるのが、めっちゃ嬉しいのです!

プロに認められた気がしてね。

なんか複雑な気持ちで書いたブログが、今は嬉しい気持ちになったのは私が非常に超単純だからですか?

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ