社長BLOG 家づくり奮闘記

比較対象という矛盾

今までどういった家を作ってきたか?
どういった経験を経て現在に至るか?

私たちの家づくりの形が、どういった物かは私にはあまりわかりません。
比べる対象がないからです。

もちろん同業他社さんと比べる事は可能ですが、比べたらキリがありません。

私が家づくりをしている大阪は右を見ても、左を見ても分譲マンションや分譲住宅が非常に多い地域です。ですからどうしても業者さんもメインの仕事が建売住宅やハウスメーカーになりますから、業者さんはある意味、比べる対象ができるのです。

この比べる対象が性質が悪い。

早く終わる建売と、一方的なルールの縛りがありすぎるメーカー。

良いとか悪いとかという、問題ではなくて、「比較対象ではないよ。」と言いたいです。だから比べられたくないですし、「比べるのは違うよ」といつも思っています。

比較対象すれば、出てくるのは「悪口」かもしれませんし。

家の良し悪しは、決めるのは難しいですね。

ハード面→家の性能や仕様、保障、工法などを重視する。
ソフト面→業者さんの人間性や社長の家づくりの想いなどを重視する。

ハード面重視で意思決定をする人。
ソフト面重視で意思決定する人。
ハード+ソフトで意思決定する人。

たまにお客様から聞きますが、営業マンに「今決めてくれたら300万値引きしますよ」とか。

信じられへん!ね…??

お前らは単なる物売りか!と言いたいです。

これは悪口?

「悪口とは事実を曲げて悪い風に言う事。」と思っているから悪口ではないか?

私の事を「最近太ってきたな~」と言うのは悪口ではないと言う事です。(笑)

おかげ様でぶれない家づくりをしていると、私たちの家づくりに注目して頂き、共感してくれる方が増えてきました。これは本当に嬉しい事。

しかし消費者の方の、気持ちを真剣に考えるほど難しい問題があります。

情報がありすぎてね。

有名な某住宅雑誌を読んでも「相見積りは3社以上とりなさい」とかね。
資金の考え方も、住宅ローンの事も、まあ当たり障りの無い事は書いてあります。

はっきり言いますが、ほんとうに公正な相見積りは不可能ですし、資金の考えも時代にあった提案をする事が大切だと思います。

例えば、相見積りの事を言うなら、公共事業のように、図面や仕様、使う材料から数量も全て積算されているから、同じ設計条件になり、複数の会社に見積りをする場合は、A社、B社、C社の平均値を出したら適正金額が分かるでしょう。

所謂「入札」ですね。(談合はダメですよ)一般競争入札の場合です。

しかし家では…これは不可能です。
何より図面が違うし、仕様も違う、材料も違う、数量も違う。ですから比較対象できないんです。しかし消費者は合計金額で判断する。

高いか安いか。

これは非常に危険です。

まったく品質がぶれない、同じメーカーの電化製品の場合は、家電量販店で1円でも安く買いたい。これは理解できます。私もそうですから。

だから量販店は価格を全面に押し出し勝負している訳ですよね。
「他店より値引きします!」とか。

あと車も同じですよね。
車種さえ決めれば同じ条件ですね。

〇〇のメーカーの〇〇の車種。色もオプションも同じ。
これはリアルに価格が出ます。

家ではどうでしょう。注文住宅の場合は何も無いとこから始めるんです。坪数も違うし、何よりどこまで資金計画に入れているか、素人である方は分からないし、分かり難い。だから私たちは…と言うと誤解を招いたら嫌ですから言いませんが、私たちと家づくりを終えた方は理解してくれています。

家づくりをお考えの方々。もう少し冷静に考えましょうね。
事実は案外すぐそばにあるもんです。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ