社長BLOG 家づくり奮闘記

地産地消

家づくりには沢山の形があります。

その一つとして現在家づくり中の「京都の家」では、施主様の実家が山を所有しているので、自分の家のどこかで使用したいという施主様の要望がありました。

望まれた事は、作り手として叶えたいと思います。

と、言う訳で…

    358.JPG DSCN7070.JPG

    DSCN7054.JPG 110827_114316.jpg

かつら木材さんや、地元の林業組合さんの協力もあり、伐採をして加工場へ。

    DSCN8731.JPG DSCN8747.JPG

    DSCN8746.JPG DSCN8756.JPG

伐採→木どり→皮むき→柱加工、原板加工と工程と経て、桧と杉の原木が製材されていきます。


    DSCN8768.JPG DSCN8766.JPG

    DSCN8899.JPG 

綺麗に製材された桧は一番良い木を選び、施主様の大黒柱として使用しました。長さ7,5mの6寸角大黒柱の存在感には圧倒されます。

    CIMG0219.JPG CIMG0212.JPG

    CIMG0373.JPG CIMG0372.JPG

恒例の棟木納めにもご参加。

    CIMG0438.JPG CIMG0446.JPG

そうして無事に上棟は終わりましたが、製材された桧と杉は、まだまだ施主様の家づくりで適材適所に使用されます。

良き思い出になってくれれば嬉しく思います。

          CIMG0517.JPG

京都の景観を損なわないように、木の家づくり進行中です。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ