社長BLOG 家づくり奮闘記

想いをこめて

縁創建工房スタッフ、大半が、風邪を引きました…
皆さん寒くなったので、お体気を付けて下さい。

さて「京都等持院の家」今年末のお引渡しに向けラストスパートです!

外構工事を残し、ほとんどが完成しましたが、まだ気は抜けません。

 CIMG4530.JPG 正面の庇がいい感じです。

今回の家づくりは山から伐採した材木を適材適所に使用しましたが、なんといっても一番のポイントは長さ7,5mの檜の大黒柱でしょう。

         CIMG4537.JPG

 CIMG4668.JPG CIMG4646.JPG

杉の原木も伐採→製材→乾燥→加工を経て、天井の羽目板に生まれ変わりました。壁には最強の塗壁、「薩摩中霧島壁」も塗りました。
http://www.takachiho-shirasu.co.jp/products/satsuma/

この部屋はご夫婦の部屋ですので、この杉を見ながら自然素材の恩恵に癒されて欲しいと思います。

恒例の手形式は、今は二つですが、お子さんが生まれたら新しい手形が刻まれます。

 CIMG4702.JPG CIMG4721.JPG

車で、約2時間かけて大阪まで打ち合わせの度に、毎回来ていただき本当に感謝いたします。私たち作り手は、その感謝の気持ちに言葉ではなく、想いとして家づくりに刻んでいったつもりです。

上がり框や柱、天井材、神棚など…沢山使用した原木もあとわずかです。最後に檜の机を数種類造作する予定です。現在頭をひねって考え中です!

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ