社長BLOG 家づくり奮闘記

3年後

毎日たくさんの気づきがあります。小さな事から、大きな事まで。

そして、先日の出来事です。

初めての出会いは見学会。そのお客様は最初から私たちの家づくりの雰囲気に共感してくれて、勉強熱心の方でした。そして、縁創建工房が開催している、「家づくり寺子屋」に参加されて、一歩一歩勉強して前に進んでいきました。

さあ次は最終の授業で、今から本格的に始まる。

そんな矢先…

ご主人の転勤辞令…
晴天の霹靂とはこの事です…・。

それでも、H様は事務所まで来ていただき、転勤先の住所を教えて頂いたのですが、なんか寂しかったですね。

「3年経てば帰ってきますからその時に家づくりをしましょう!」
そう言ってくれたH様。

「3年後少しでもパワーアップしておきます」
そうお伝えした私たち。

家を持つ、建てる、買う事が全てではないと常々お伝えしていますが、タイミングってやっぱり重要なんです。家電芸人のTさんが、家電の購入時期を「買いたい時が買い替えどき~!」って言ってますが、その通りと思います。

しかし、そのタイミング、時期もやっぱり合わない方もいらっしゃる。

家づくりって見えない事が多い事ですので、0から施主様と一緒に始める私たちは、0から1になり2となり…そしていよいよ…と言うときに、転勤になる気持ちが痛いほど分かるので、感情移入してしまいます。でも決して不幸の出来事ではないですが。

家づくりをする時に、前向きの方と後向きな方がいます。

前向きな方は、やっぱり成功します。(逆に施主様の、テンションが上がりすぎて、抑える役目が私たちの時もあります。)そして、後ろ向きの方。

石橋を叩きすぎる方。
この方は成功しません。なぜか?叩きすぎたら石橋が割れますから。

まあ、考えれる方は、自分の価値観や考えている事が全て根拠があり正解と思っている方が多いんですよね…。

「いつ建てるかは、この理由があるから、この時期で、この時期からこうして…」懸命の方と言えば聞こえは良いですが…。

世の中、自分が思っている通りに絶対になりません。そうなっていれば、みんなお金持ちです。

男性って結構単純なんで、少し無理しても家を建てたい方って結構います。そして、その夢を実現したから、これから頑張る方。(私はこのタイプです。)(スタッフY君もそうですね。)

何が正解かは分かりませんが、H様の出来事が起こった時に、後ろ向きの方に、この話を伝えたいと、なぜか思いました。嫌味ではないですよ。(汗)

H様の件も、誤解を恐れず言いますが、3年後私たちと家づくりをする事だけが正解ではないですから。3年も経てば、今、想像できない事も起こるかも知れませんしね。

ただめっちゃ頑張ってたんです。H様ご家族は。

私は自分から建てさせて下さい。契約して下さい。とか口が裂けても言わないですが、H様とは一緒に家づくりをしたいです。そう思いました。最後の事務所の話の空気感で、そう感じました。

3年後。

また、ご縁あるように。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ