社長BLOG 家づくり奮闘記

しょせん自己満足?

5月12日~13日と「交野市私市の家」完成見学会でした。

久しぶりの見学会でしのたで、少し疲れましたが、OBの施主様もたくさん遊びに来てくれたり、新しい出会いもありと充実した2日間でした。

OBの施主様が来てくれるのは一番嬉しい事です。

見学会のたびに思いますが、来る方によって質問も違うし、見ている場所も違うし、態度も違います。(笑)

お陰様で私たちの見学会には常識がある方が多いですので、ストレスは少ないですが…

沢山のご家族と初めてお話しをしたり、一緒の空間にいてる時間って一瞬で終わりかも知れません。ですので、伝えたい事を言っているつもりですが、タイミングが合わなかったり、話が出来なかったりという事も多々あります。

まあこれも縁ですかね??

この頃思うのですが、例えば私がある方に「これって○○ですよ」と言います。

この方は「へえ~そうなんですか…」って感じ。

そして、家に帰ってネットで検索をして、うらを取り、自分で納得するか、しないかをジャッジする訳です。住宅雑誌なんかもそうですよね。でも思いっきり間違っている事を書いている本って沢山ありますよ(汗)

なんかこの業界って、お客様との駆け引きが多いような気がして、この頃疲れます。やっぱりご縁ある人には家づくりで失敗して欲しくないから、伝えるのですが、ネットの情報や雑誌や、もっと言うなら、その方の心の中の何かに負けてしまう訳です。

この傾向は、現在30歳前後の方に多いような気がします。(誤解を恐れず言いますが…)おそらくこれからもっと多くなっていくんでしょうね。悲しい事です。

ネットの書き込みとか見てたら怒りを通り越して悲しくなります。名前を出さずに誹謗中傷の言い合い。悲しすぎる…文句を言うなら、名前もすべてさらけ出して言ったら良いのですが、それは出来ない小心者なんでしょうね…

話がずれまくってますが、今、真っ白な四角いナチュラルな家を作れば反響はあるんでしょうが、しょせん見た目だけですからね。誰に何と言われようが、作り手の私たちが一番にくる事は、ただただ良い家を作る事。

一番に儲けたいとか有名になりたいとか、思ったら家づくりを辞めた方がいいと私は思います。命がけの本気で家づくりに向き合わないと施主様にばれるんですよね…これは本当です(汗)

私は作り手。自分が良いと思う「物」や「事」を伝える。だたそれだけ。

誰に何と思われても怖くもありません。私はこれからも、ほんまもんの家作っていきます。

そして間違ったら誤ります(笑)

でも、良い家できれば少し自慢します!

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ