社長BLOG 家づくり奮闘記

逃げずに発信する。

本日もブログについて仲間の工務店から励ましの連絡が。(汗)

私たちは現在、家づくり中の施主様とWEBの専門ページで交換日記的な事をしています。そこで毎日のように施主様と文書で意思の疎通をするのですが、ある施主様から力強いお言葉も頂きました。めっちゃ嬉しかった!だからやっぱりこのままでいきます(笑)

私は決して他人や他社を批判するために、ブログというツールを使っているのではなく、自分の考えを現在関わっている方や、今から家づくりを一緒にする方に伝えたいだけなのです。嘘をつかずに今思っている事を伝えたい。

でも人間ですから言う事も変わります。そして時には感情的にもなります。本気で書くから内容も変わるのです。

本性を出さずに、

「今こんな家作ってま~す!」
「このデザインは私がしました」とか…

興味ないでしょ??

本職でない限り分からんしね。

家は作り手のエゴだけで作るものではありませんし、住まい手のエゴだげが反映されるものでもありません、五分五分です。関係性も全て五分の関係。これが失敗しない一歩です。

選ぶ権利もお互い様。う~ん理想論!

「お客様は神様です」と言っている会社は私は違うと思ってますから。

話は変わりますが、現在、住宅業界は凄まじいスピードで変革の時期を迎えております。2009年から始まった長期優良住宅やその補助金もそうですよね。国土交通省の政策も昨年で終了して、今期からは地域型ブランド住宅事業と名前が変わり、更に複雑になりました。結論から言えば、小さい工務店レベルでは対応できるものではありません。

細かい話や、採択されるにはどうすれば良いかを説明するだけで、かなりの長文になりますので、書きませんが、私も最近はこの事業の為に動きまくっています。しかし、それ以上に私たち小さい工務店の事を真剣に考えて、代わりとなり動き、助けてくれている仲間がいます。感謝の言葉しかありませんし、そういう人が近くにいる自分は幸せ物と思います。

もし採択され補助金を取れたとしても一瞬で無くなりますが…
そうして苦労して、もし補助金を取れたとしても、簡単にお客様に補助金使わせてと、もし言われたら「ん?」となる訳です。そんな簡単なもんではないからです。そこに感謝の気持ちがあれば別ですが。

でもある意味仕方ないのです。苦労が分からないから。だから私は伝えるのです。国の政策は相変わらず違う方向にいってる事も含めて伝えます。

昨年まで長期優良住宅の質疑で国に連絡するでしょ?めっちゃ愛想悪い人8割です(怒)これも伝えます。そして前述の地域ブランド事業も国土交通省のHPにて一方的に発表されただけです。見本があるだけ。受付は一切受け付けません。と書いてあるだけ…

今からの事業なのに?国民のためなのに?質疑は無理??

これで怒らない方は退場ですよ(笑)

国の偉いさんが考えた、今からの住宅は、地域型ブランド事業、ゼロエネルギー住宅、HEMS、エネファームと太陽光のW発電など…チラシやCMでこれからすごい事となりますよ。

良ければ皆さんご自身で調べて下さい。ただ、補助金ばっかりに目が眩んだらダメですよ。消費税が上がる前に住宅を建てる、補助金が欲しいから建てる。

それも決して間違っていませんが、何の為に家を建てるかを真剣に考えて下さい。誰の為に何のために家を建てるか?もう一度真剣に考えて下さい。

どこで建てるか?土地はどこがいいか?会社の規模?実績?では無いですよ。

誰の為に何のためにです。損得感情では無いですから。心の奥にあるものでもなく、単純に考えて下さい。シンプルに感じて下さい。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ