社長BLOG 家づくり奮闘記

式台選び

「大東市南津の辺」の家の大きな土間に計画している無垢板を見に行ってきました。

  

檜、杉、ケヤキ、カエデ、栃など沢山あります。

以前から、私が購入している無垢板も見てもらう予定でしたが、今回、使用する箇所との兼ね合いで、長さや幅などがあまり合致せず…と言う事もあり、一から選んできました。

  

           

もちろん決めるのは、施主様ですが、今回の使用場所にいいと思う材木を私が選定しました。

ついでに、数枚気に入った無垢板を購入して私のコレクションは、こうしていつも増えていくのです。(笑)

本音言うと自分が気に入っている素材を施主様が気に入ってくれたら、嬉しい反面、淋しさがでます。やっぱりいいもんですから。

後ほど来た、施主様は悩んだ結果、桧の無垢板を選んだそうですが、これはめっちゃいい感じです。

素材との縁が始まりましたから、今から仕上げていきます。

反りをなおしたり、割れをこれ以上いかないように加工をします。

自然界の物は同じ物がないので、絶対に失敗が出来ないと、プレッシャーがありますが、見事に加工してきます。

土間に取り付けられて、腰掛けと、式台になる、姿を早く見たいですね。一生使うので、しっかりと準備をしていきます。
創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ