社長BLOG 家づくり奮闘記

観客席に座りっぱなしも…

先日は、いつも作り手達と一緒に情報の共有や、ミスを少しでも改善する為に各、家づくり毎に開催している「施工会議」をしました。

 __1.JPG 2.JPG

会議の内容は、

・施主様との出会い
・施主様の家族情報
・現場の情報、近隣環境、注意点
・工程の事
・各業者さんとの連携の打ち合わせ…

沢山あります。この施工会議をしてから4年程経過しますが、作り手の業者さんが一同に集まる機会は、そうそうありません。懇親会や忘年会など、酒の場はあっても、素面でみんな集う事は、実はないもんなんです。

私が下請けで、大手ハウスメーカーの仕事をしていた時も、会議はありました。しかし、彼らに言われる事は、施主様の事ではなく、安全面と各工務店がきちんと保険に入っているか?など考えようによっては、自社を守るための事ばかりでした。

もちろん安全面は大事です。大手さんに比べれば、地場の工務店さんは、私たちも含めて、まだまだ甘いと思います。

 5.JPG __.JPG

私が大工出身だからと言う事もありますが、家づくりは、やはりリーダーがいます。これは間違いなく大工です。棟梁と言われる方です。

棟梁が現場のリーダーになり、各業者さんと意思の疎通をしながら、図面や工程表等では伝わらない事を一緒にシェアしていく必要があるんです。

変な例えですが、家づくりはオーケストラなんです。

施主様は観客、各楽器の担当は業者さん。そして、指揮者は棟梁です。もっと大きくいうなら指揮者は工務店でもありますが、やはり棟梁です。

指揮者がきちんと演奏者達を見て、また、演奏者も指揮者をきちんと見て、タクトを振らなければ、良い音は出ない。でも縁創建工房では施主様は観客席に座りっぱなしでは困るんです。

舞台に上がって一緒に音出しましょう。演奏一緒にしませんか?って感じです。

もっと言うなら、「ここのパートの楽譜考えて下さい。その音出しますから。」みたいな。

家づくりってプロに任せてだけでは、良い家はできないと私は思いますから、「一緒に作る。」この気持ちが大事なんじゃないかと思います。

そしてより良い音を、業者さんと出せるように新たな試みにもトライ中です。

良いことばかりではありませんから。業者さんもそれぞれ責任者だし、もっと言うなら会社の代表者、社長ですからね。そりゃめっちゃ皆クセありますから。(汗)

でも、私達が向かっている方向は一緒でなければ良い家は作れませんから、直接会ったり、意見を交換できる「場作り」は私の役目と思っています。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ