社長BLOG 家づくり奮闘記

2度目の成人式

私事ですが、先日40歳になりました。

自分では気は若いと思いますが、自分が40歳になったのが信じられません。
おっさんですね。(笑)

そんな私の数少ない友人から送られてきたメールが素晴らしかったので、ご紹介を。


40歳は、「不惑」と言います。「惑わず」の意味を迷わないと捉える解釈が多いですが、語源である孔子の時代には「惑」という漢字は無く、「域」の意味で語られてたのではないかという解釈があります。つまり「40で心の迷いがなくなる」訳ではなく、「自分の限界を決めない・常識に縛られない」っていう解釈も出来ると思います。こんな風に解釈すると、「50にして天命を知る。60にして耳に順(したが)う。70にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず」という後半部分の解釈とも整合性が取れるかなと。40の時に、心の迷いがなくなる人が、70になって初めて自分の言動が人の道を踏み外さなくなった、っていうのもおかしいかなと思いますし…
長文になりましたが、論語は結構好きなので、調子に乗って書いてみました。
益々素晴らしい40代を!


学歴がない私には難しい。。。

でもそうですよね。人生まだまだ道の途中です。まだまだ若造です。

15歳で社会に出ました。本当に働く意味なんて知らないし、そんな事より友達が一番!って感じでした。自分の事より友達の事を熱く思ってた10代。

20代で仕事の大切さを学びました。真面目に働く事の「当たり前」の難しさも知りました。社会人の責任感を少しずつ感じていった感じです。今から思えば甘ちゃんでしたが。。。

30代はあっという間。仕事に家庭、両立できない自分の不器用な面や、下請けを辞めて今の家づくりに着手した時。初めて縁創建工房で家を建ててくれたご家族。言葉の責任感やチームをまとめるしんどさを感じました。20代後半から30代前半は下請けのしんどい時期でした。本当にしんどかった。「なんで認めてくれへんの?」スーツを着た営業マンが手柄を取っていく。「別に大工は自分じゃなくてもええねや。工務店もどこでもええねんな。」そう感じていた、悲しい時期でもありました。だから「自分が業者やったら、自分が大工やったら仕事をしてみたい会社を作ろう!」
「あの工務店はこだわっている。本物の家づくりをしている。」
そうプロが思う会社を作って自分が受け皿となり、昔の自分を引き上げれる会社を作ると覚悟を決めました。

そして、40代。

まだ始まったばかりですが、これからどうなっていくかは分かりません。人生甘いもんではないしね。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

この精神で頑張ります。

感謝の気持ちを持って自分らしく、大きい目標をもって頑張っていきたいですね。
創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ