社長BLOG 家づくり奮闘記

縁創建工房スタイル。

 

 

ブログなんと2ケ月以上更新していません。(汗)

 

いつも見てくれている方を失望させないように、1週間に1度は書き込みます!

 

言い訳を今からしますが、今年に入ってからもう半年は過ぎたんちゃうの?って感じの毎日でした。バタバタと忙しくさせて頂いているのも、沢山の施主様から家づくりを託されているからですので、本当に幸せな事ですし身が引き締まるのですが、毎日遅くまで働いている、創建工房の仲間を見ると、「あかん。このままではあかん!」って感じで結構落ち込みます。

 

 

どの仕事も大変でしょうし、いろんな事もあるかと思いますが、家づくりって本当にアナログなんですよ。キーボードをカタカタって打ち込んで電話で営業してパソコン任せの仕事ではありませんから。(毎週かならず営業の電話があるからこんな気持ちになりますが、ある会社からの営業電話を断ったが、同じ会社の違う人物でまたまた電話があるときには結構の怒りです。)

 

 

このアナログの家づくりの仕事には必ず条件がつきます。

 

施主様と関わり、業者さんと関わり、会社のスタッフと関わると言う事です。

 

 

つまり「人」なんですね。

 

人と関わるには、価値観に触れる時が多々あります。

 

 

育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ。

 

もともと何処吹く他人だから価値観はイナメナイ。

 

 

こんな歌がありましたね。

 

育ってきた環境が違う。もともと他人だから価値観が違う。

 

ではダメですね。これでは家づくりは出来ません。家づくりはやっぱり信頼関係です。信頼関係からスタートして完工するのが理想です。

 

 

現実は厳しいかも知れませんが。

 

 

私の感覚的に言えば、信頼ではなく、期待から始まるって感じですかね?

 

期待から始まり、信頼に変化していき、感動してくれれば、お引渡しの終わった施主様が食事にご自宅に誘ってくれます。

 

 

今年に入って2回食事に呼ばれました。

 

そうです。自慢です。(笑)

 

 

今月は上棟ラッシュですので気を引き締めながら自分らしく、縁創建工房らしく頑張ります。

 

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ