社長BLOG 家づくり奮闘記

天災

こんばんは。大変久しぶりの投稿です。

 

今年は地震や長雨、猛暑、そして先日の台風21号と、家を創っている当社としてはダメージが大きい数ケ月でした。

 

リフォームは普段やってます!なんて大きな声で言っていないにも関わらず、台風案件で現在32件です。「おたくで7件目でどうにかブルーシートを掛けて欲しい、、」なんて言われたら出来るだけ行ってあげたいですしね。

 

工務に確認をすると、屋根に登って点検を行いブルーシートを掛けていると、隣さんも「うちも見て欲しい」となり隣の屋根にも登り、またブルーシートを掛けてとなるそうです。

 

日本の住宅は昔の名残で瓦が大半ですが、昔の瓦はどうしても重たいので、地震には不利です。そして台風などにも不利となります。その不利な条件の地震、台風が数ケ月の間にきたので皆さんも大変だったと思います。おそらく自分の人生でここまでの天災がまとまってあるのは今回で終わりだと思いますが、(そうであって欲しい)家を創っている私たちはもちろんの事、これから家を建てようと思っている方は特に「天災対策」が今後の家創りのキーワードになるのではないでしょうか?

 

長くなるので要点だけになりますが、地震にご不安な方は耐震等級3は必須です。

そして理想は四角の家です。※真四角でなくても良い。そして1階と2階の壁のバランスが取れているのが理想ですが、理想の間取りとかけ離れていきますのでここは難しい所です。

 

そして、案外見落としてしまうのが耐風等級です。これは耐風等級2を目指して下さい。

耐震等級3や耐風2は今後の家創りでは必須です。

 

当社では耐震等級3、耐風等級2を標準としているので、このような天災があった時にこそ私たちを信じて下さったオーナー様にはご安心して頂けたと思います。しかし今後もこの天災を教訓にして今後の家創りに役立ていき「家は安全だ」と思って頂ける、住環境を創っていきたいと改めて思います。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ