社長BLOG 家づくり奮闘記

本物の木の街並みを創る。

こんばんは。

 

今年の1月に当社初のモデルルームを枚方市春日元町にグランドオープンさせて頂きました。
枚方市春日元町は個人的にも縁がある土地だったので、初めてのモデルルームがこの土地だという事に本当にご縁を感じております。

 

私は全ての下請けを辞めて自分の信じた家創りをしたいと思い立った時に、
1年間全国を歩き自分が創りたい家は何なのかを考えました。
そんな時期にある方に建築地を紹介されました。

 

そこは、山の一角に約10軒から15軒の木の家の街並みでした。
隣地との距離もゆったりとした計画や植栽計画、そして木の外観。軒も大きく張り出して隣地さんとの境界には仕切りもありません。近所の方が集うスペースにはBBQをした後がありました。聞けばこのスペースは近所の方だけが使える共有スペースだそうです。

 

「自分が創りたいのはこれだ。」そう強く思い、夜遅くまで町を歩きました。

 

私の原点はここにあります。

 

そして10年の月日が経過しました。そこから約100棟ほどの本物の木の家を施主様と一緒に創ってきました。しかし本物の木の家の近所には、HMの家や建売、ローコスト、中古住宅などが乱立して街並みは揃いません。

 

そんな思いもある中で、昨年2017年の末に初めて購入をした土地がこの春日元町です。140坪ほどの土地を3つの敷地に計画をしました。大型分譲をしている会社さんからすれば小さい計画ですが私には「志」があります。

 

本物の木の家を地元に普及させたい。地元の方に本物の木の家を知って欲しい。

 

そうして木の街並みプロジェクトを始動させました。初めてのモデルルームは今までの全ての経験を詰め込みました。室内はもちろんの事、外構にも大変こだわり、いつかこの人と仕事を一緒にしたいと思っていた庭師さんを本気で口説きました。笑

 

今まで一緒にやってきた設計士や棟梁、業者さん達と一緒に創り今年の1月にグランドオープンが出来ました。お陰様で最高の家が完成したと思います。いずれこのモデルルームは売却しますが本当に嫌です。思い入れが沢山ありますので。

 

現在は2軒の木の家が完成しており、残りの敷地も寺子屋を卒業されたご家族とご縁を頂きました。いよいよ着工も近いのですが、来年の3月には本物の木の街並みが完成します。

 

私たちが施主様と一緒に創る家は100年持ちます。自分の役目が終わっても家や街並みが地域に残っていくこの仕事をさせて頂いている事に感謝します。

 

そのお返しをしていく為にも、施主様と一緒に本物の木の家を創っていく事はもちろんの事、木の街並みを今後も創っていきます。

 

道行く方がふと立ち止まり、ほっとしてくれれば大変嬉しく思います。

 

家はお客様が好むものを作るな。お客様のためになるものを作れ。

 

この言葉を胸に日々精進していきます。

 

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ