社長BLOG 家づくり奮闘記

技術屋イズム

こんにちは。

 

つい先日の話になりますが、当社が提携をしている住宅の第三者監査会社が今後取り組んでいこうとしている新規プロジェクトの協力依頼がありました。

 

今、建築業界は人手不足です。建築という仕事は明確な基準や基本がありませんから熟練による現場管理はもちろん職人さんの長年の感覚などの技で支えられています。もちろん原理原則である建築基準法はありますが、施工の明確な決まりや基準、ルールは存在しません。つまり会社さんの「普通」で皆様の家が施工されているのです。この「普通」はある会社さんからしたら普通では無いかも知れません。レベルが低いかも知れませんし、反対にレベルの高い事かも知れません。

 

私も元大工としてこの事はよく理解出来ます。文明がどれだけ発達しても家を創る事はまだまだ人の手によりしっかりと施工が出来ているか否かが決まります。人=職人さんや管理をしている監督や施工会社の考えが全て家に反映されます。もちろん人間ですのでミスが起こる事もあります。よって、第三者の検査や監査という事は私は非常に必要だと考えています。

 

当社では全棟第三者検査、監査の導入を行い、全10回の検査、監査を行っております。これは自分の会社の意識を高める事はもちろんの事、職人さんの意識レベルの向上も目的としております。

 

この取り組みを10年ぐらいはしてきましたが、冒頭に述べたように業界は人手不足です。このご時世、IT業界はもちろん事、職人、物つくり、建築などの業界には入ってくる人材が圧倒的に不足しております。時代は外国人労働者を受け入れる流れになってきております。

 

こんな事を危惧している先ほどの会社さんが新規に始める事が動画です。家創りに携わる沢山の業者さんの施工方法や技術を動画に収めて次の世代に渡していきたい。端的に言えばそんな内容になります。

 

私はこの会社さんの志に昔から感銘を受けておりますので、二つ返事で協力をしました。当社の業者さんは本当に意識レベルも高く家創りをしておりますので、動画に残せるなんて凄くいい事だと思いました。

 

そして大工さんや他の業者さんに依頼をした出来事になりますが、一番と言って良いほど出て欲しかった方から断りがあったんです。なんで?と思いその方に連絡をしました。

 

すると、その方は「自分の今まで拘ってやってきた技術を誰に見られるか分からないのに、動画なんかに撮られたくない。自分は今も仕事をしてきて発見がある。小さい発見かも知れないがもっとこうした方が収まりがいい、こうした方がいい、もっと良くなると毎日が勉強中の身でありながら、何で他人に見せなあかんの?技も盗まれるかも知らんやん。創建工房の中で流すならいくらで協力はする。しかし今回の話は協力が出来ない。」

 

ざっくりと言えばそんな内容でした。私はこの話を聞いて、変な感覚ですが凄く嬉しい気持ちになったんですね。

 

私は本物にしか興味が無いですし、本物の家を創りたいです。そして本物の業者さん達と家創りをしていきたいし、本物の人財を育てたい。

 

まさにこの人は本物なんだと再認識しました。もちろん自分も40半ばの年齢になり今から業界に少しずつでも恩返しをしていきたい気持ちもありますし、もっと業界の意識が高まり技術があがっていく事を願っております。

 

しかしこんな声もあっても良いとも思いました。もちろんもっと大きな視点で業界が見られるようになって、皆が快く協力が出来るようになれるようにしていく必要があるとも感じました。

 

私たちは技術屋です。技術を売ってお金を頂戴していると思っております。そして技術の安売りはしない。私が安売りをしてしまったら本物の業者さんに失礼だからです。そして会社の仲間にも同様です。

技術の向上に終わりは無いですが、終わりの無い高みをずっと目指し続けていくと改めて思った出来事でした。

創建工房BLOG TOPへ
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ