自然素材の住宅の注意点 ※木材編
staffblog

自然素材の住宅の注意点 ※木材編

こんにちは、北川です。

お盆が明けて、連日猛暑日が続いています。
屋外はもちろん、室内でも熱中症対策も十分にしていただき、体調管理にご留意ください。

今回は自然素材の住宅の特徴を紹介します。
集成材や新建材で建築した住宅とは異なりますので、下記点をご留意いただければと思います。

まず無垢材の特徴として、断熱、調湿、吸音、美観等優れた性質を持った建築材料ですが、
その反面、天然木は生きて呼吸をしていますので、湿気や乾燥の影響により、膨張、伸縮、反り、割れ(クラック)などが発生する可能性があります。
当社では反り等の影響の少ない乾燥材を使用しておりますが、木材1つ1つの特性が異なりますので、周辺環境等で発生の違いがあります。

また過度な湿気状態が続きますと塗装の有無や乾燥材・未乾燥材にかかわらず、カビの発生の原因となります。
普通に生活いただければ問題ありませんが、湿気がたまる状況をつくらないようにご留意ください。

具体的にはこういった症状が起きやすいです。

・化粧梁→ひび割れや梁と壁紙との隙間
・化粧柱→伸縮に伴う隙間
・壁紙→下地の木材の伸縮によるラインや隙間
・造作建具→反りによる開閉時の固さ
・無垢フロア→木材の伸縮に伴う隙間

自然素材の住宅をご検討される際には上記の特徴に注意いただければと思います。