進化が止まらない!
staffblog

進化が止まらない!

とある事情で、最近、病院通いをしている梶野です。
と言っても、皆様のご心配に及ぶような内容ではありません。
詳しく説明するのも恥ずかしいので、
とにかく私は元気です!!

以前、といっても25年も前ですが、
こちらも今回と同じ理由で病院通いをしていました。

そちらの病院は、以前「厚生年金病院」とみんなが呼んでいた
(正式名称は知りませんm(_ _)m)
星ケ丘にある大きな病院です。

ここは今、「星ヶ丘医療センター」と呼ばれています。
2年ほど前から、紹介状がないと診察をしてくれないそうで、
私も近くの病院に行ったところ、先生が「以前診てもらっていたところで
診てもらったほうがいいですね~」と、紹介状を書いてくださいました。

「紹介状を書いてもらわないと、立ち入れない・・・」
当日は妙に緊張しました。

25年前の受付の場所も覚えてなかったくらいですから、
「どこに行けばいいんやろー」と緊張して入り口の自動ドアを
入った瞬間、入り口の方に向けられたカメラと、それを映し出すモニター。
そして何人も出入りする人の体温を瞬時に測り、
問題なければ「正常です」と声がする。
コロナ対策なので、このあたりは最新の機械を入れていて、
やっぱりすごい。

いきなりビックリですが、真正面にずらっと並ぶカウンターにもビックリ。
どこに行けばいいか上を見上げていると、
「今日はどちらへ受診ですか?」と、素早い対応をしてくれる係りの人。

問題なく受付を済ませて、目的の科へ。
ここは25年前と変わらない位置。
しかし、7つも診察室があります!

以前は早いもん順だったので、とにかく朝早く行くこと!から始めてました。
それでも診察は1時間待ちは当たり前。2時間待つこともしばしば。
今はすべて予約制なので、ある程度人数も絞られています。
それでもそれなりの待ち時間は必要なんですけどね。

次の週には検査の予約。
時間通りに進み、待ち時間もほとんどない。
検査結果の画像も今はすべてデータ。
詳細な画像を見せてもらって、ただただすごい!

最後はお会計。
番号の札をもらって、待つこと5分。そして自動精算。
カードも使えます。
「あんなに昔は時間かかってたのに~」
と、いや~、進化は止まらないですね~。

いつもの生活を随分としてきて、ありがたいことに大きい病院には
ほとんどお世話になっていなかったので、
医療現場の進化にまあまあ衝撃を受けました。

建築業界もIT化、機械化が進み、
現場の道具もどんどん変わってきています。
電動工具で作業の負担も減りつつあります。
そして、私たちの事務作業もパソコンを駆使して、
連絡事項、必要な図面のやりとりなどは
現場に居ながらでも簡単に行えます。

ただ、どの業界も、やっぱり人がいてのこと。

私が受診した病院で担当してくださった先生は、
たっぷりと時間をかけて、現状の把握をしてくださり、
今後の方針もわかりやすく説明してくれました。
私のアホな質問にも丁寧に答えてくれて、
「いい先生に診てもらってよかったな~」と
しみじみ思っていました。

建築業界もどこにいても色々な情報が手に入る時代ですが、
やはりその人、その言葉を頼りにしてくれている人がいます。
業界全体も進化していきますので、それを扱う人もアップデートをしていくことが大事ですが、
根本的な人と人の関りをおろそかにはできません。

そして、なによりお家は人の手で建てているということ。
道具はそれなりに進化していますが、
やっぱりそれを扱う人たちがいなければ成り立ちません。
大工さんや業者さんたちの仕事を見ていると、
本当にすごいな~、と思います。

人の手でつくるお家、人とのかかわりを大事にする家づくり。
人にもっともっと寄り添っていけるよう、創建工房もどんどんアップデートしていきます!!