洗い出し工事
staffblog

洗い出し工事

こんにちは!浦辻です。

今日は交野市の外構工事の一部をご紹介!
あまり見ることができない洗い出し工事です。

洗い出しってそもそも何?と思いますが、
実は駐車場のコンクリート土間を打つ方法は大きく2つあります。
創建工房では基本このどちらかになりますが、
1つ目はよくある コンクリート(よく生コンといわれます)を流し込む工事
→これは駐車場一体にコンクリートを流し込んでコテで仕上げる方法です!
 従来の建築のお家ではもっともポピュラーですね。

2つ目は今回の洗い出し工事です。
洗い出し工事ですが、コンクリートと石を混ぜたものを洗い出して表面を浮きだたせるというものです。
石もいろいろな種類がありまして、産地によって表情がだいぶ変わります。
今回の交野市のお家では【大磯】という砂利を使っています。よく美浜だったり、淡路だったり、
砂利の名前には産地の名前が出てきたりします。
【大磯】は大磯ロングビーチなどで有名な神奈川県の大磯海岸などで採れるものです。
黒味と丸みがあり、和風な印象になりますね。

写真のように、黒色の石が大磯です。周りについているのはコンクリートですね。
このコンクリートも生コンの産地によって色や石の表情も変わってくるので面白いですよね(^-^)
こんな感じで左官屋さんが水洗って表面を浮きだたせています!