住まいの窓に合わせたカーテン
staffblog

住まいの窓に合わせたカーテン

東口 瑠聖
縁 創建工房 / 営業

こんにちは!

営業の東口です!

今日はインテリアについてお話ししたいと思います。

カーテンにはさまざまな種類があり、シェード、ロールスクリーン、プリーツスクリーン、ブラインド、バーチカルブラインド、ハニカムスクリーン、パネルカーテン・・・・など形も豊富にあります。

その中の1つ、ウインドウトリートメントの役割としては窓回りのインテリア、視線のコントロール、室温の調整、光の調整などがあります。

それぞれが持つデザイン性や特徴があるので、インテリア空間に合わせるのはもちろん機能性も考えつつ選びたいインテリア要素です。

カーテンの取付を検討する窓は何のための窓なのか、その部屋で過ごすためにその窓が及ぼす影響はないか考えてみましょう。

例えば大きな掃き出し窓は、庭に出たり、バルコニーに出たり、人が出入りするために使うことが多いです。

そんな窓は上下に開け閉めするロールスクリーンのようなタイプでは、チェーンを操作してスクリーンを上げて窓を開けて外へ出る。それは少し面倒かもしれない。。

カーテンを手でかき分けて窓を開けて外へ出るほうが楽そうだからカーテンにしようと操作性で選んだり。これも考え方の一つで、何を優先したいかがカーテンを決める1番の決め手ですね。

直近の見学会・イベント情報一覧


人気のブログ記事

モデルハウス

電話する

資料請求