住まいづくりの「費用」について
staffblog

住まいづくりの「費用」について

こんにちは。創建工房スタッフの北川です。

 

家を建てるとなると当然「お金」がかかります。

漠然と「土地+建物代」って考えてしまいがちです。

しかし、それ以外にも費用が発生します。

 

たとえば、建売住宅だとすべてが完了したあとに購入するので「諸々込みで○○○○万円」といった表記がされていたりします。

 

しかし注文住宅の場合には要所要所で費用が発生します。

 

・土地代

・建物代

・付帯工事費(解体工事や造成工事)

・外構工事 など

 

上記は住宅ローンに充当可能です。

しかし、住宅ローンに充当できず、「現金」で支払う費用もあります。

 

・税金関係

・ローン手続き費用等

・火災保険

・仮住まい費用

・地鎮祭、上棟式 

などなど(他にもまだあります)。

 

これらは今後住まいづくりをされるにあたり、「事前に知っておくべき」ことだと思います。

「知っている」のと「知らない」のでは大違いです。

 

当社では住まいづくりについて事前に知っていただきたいことをお伝えしたく、

「家づくり寺子屋」を主催しています。

上記のようなことももちろんお伝えします。

「失敗しない家づくり」を全力でサポートします。

 

http://sokenkobo-en.co.jp/terakoya/

 

お待ちしております。