すっかりおじいちゃん
staffblog

すっかりおじいちゃん

縁 創建工房の看板犬長男リュウは12才になりました。
4か月のころに入社して、早11年と8か月。
創建工房にくるたくさんの人たちと出会いました。

10年以上前に出会った皆さんは、保育園行ってた子が中学生!!
時が経つのが早いので、リュウもすっかりおじいちゃんです。

昨年は後ろ脚の靭帯を切る、というケガをしましたが、
今のところ、問題なく歩いているので、手術もせず、
なんと健康的に暮らしてくれているか!

それだけで感謝ですよね~。

これからは、ゆったりとした時間をすごせるように、
気をつかってあげなければ、です。

おじいちゃんなので、愛想がありませんが、
会社に来てくださった際には、リュウの顔を見てやってくださいね!

4か月のころ
やんちゃすぎて、大丈夫なのか??と不安に。
 

1歳のころ。
お施主様ご家族の皆様に、散歩に連れて行ってもらう。
もうこの二人は中学生!

何かあったのでしょう・・・

2歳となり、貫禄が出てきたころ・・・

突然、弟が現れました。

この弟は、ウメタロウ。
リュウの後ばっかりついてきて、
いっつもリュウのベットを横取りしていました。

そんな弟も1年で、リュウより大きくなりました。
力が付いてきたら、リュウにケンカを吹っかけてくる。
でも、いつもお兄ちゃんが強かった。

そんなウメタロウとの生活も落ち着いて、ケンカがなくなった8歳のころ。
ヤバいオトメの登場。
オトメの自由奔放すぎる行動に、リュウの幸せな日々は幕を下ろすのでした。

自由行動の三匹。

 

そして、12才。
顔が白くなってきましたが、まだまだ元気いっぱいのリュウです!