創建工房 コラム

注文住宅 人生設計 老後

老後を見据えた注文住宅

家は人生の中で大きな買い物になります。購入するときには、そのときの計画や予想できる変化を考えて建てる人は多くいますが、人生の先にある老後の生活は後回しにしてしまいがちです。老後を快適に過ごすための家のあり方を考えてみましょう。


子供たちと同居を見据えた増築を考える


老後の暮らし方の中で増えているのは、子供の家族と同居するという方法です。お子さんの結婚と同時に同居を始めるという例は最近では稀ですが、外で暮らしていた子供夫婦が、親の高齢化に伴って実家に戻って同居するというパターンは増えています。しかし、それぞれの生活スタイルやプライバシーは重視したいものですよね。そのためには子供世帯も快適に暮らせる二世帯住宅を考えてみましょう。注文住宅なら柔軟な設計が可能です。1階と2階でそれぞれリビングやキッチンを設けるぐらいのほうが使い勝手がよい場合もあります。1階を老夫婦の居住空間にし、ミニキッチンをつける程度に留めておくと、将来賃貸にしたいときには2階を居住空間、1階を事務所にする使い方もできます。


夫婦二人になった時の減築を考える


子供がいる場合でも、仕事やさまざまな事情でかならずしも同居ができるわけではありません。夫婦二人の老後に向けて減築する人も増えています。夫婦二人なら、リビングにキッチンと寝室があれば、後は浴室にトイレで基本的には十分です。予備の部屋は1部屋もあれば来客にも対応できます。いずれにしても1DKから2LDKもあれば十分ですが、大切なのは部屋間を移動しやすい平屋で作ることです。介護を受けるようになると、さまざまなことが想像されますが、注文住宅なら必要に応じた設計が可能です。訪問入浴やデイサービスの送迎、車椅子での移動に介護用お風呂の搬入など、出入りしやすい場所が求められます。ですから、廊下を広く取り、玄関前にはスロープを付けたほうが良いでしょう。出入口はドアより引き戸にしておくと開けやすく快適です。


老後は貸して自己年金を形成


年金の受給額は年々減少傾向にあり、今後は十分な金額が見込めないという意見も多くなっています。年金だけで老後の生活をするのが見込めない時代になっているのです。また、介護や医療施設が充実した、高齢者に住みやすいマンションは年々増加しています。子供との同居予定もなく夫婦二人で老後を送る場合には、そのようなマンションに引っ越し、自宅はリフォームして賃貸にするというのもひとつの選択肢です。注文住宅であれば、老後になってリフォームしやすいような設計も可能です。減築してそのまま住むのもよいですが、家賃収入を得ることで経済的な不安の解消が図れるでしょう。このように、注文住宅であれば老後にどのような生活を送る場合でも対応することができます。

  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ