創建工房 コラム

自然素材の注文住宅って本当に大丈夫?

床や壁に用いる素材など、好みに応じて選択の幅が広がるのが注文住宅の魅力です。床や壁に自然素材を用いるメリットや、デメリットとは何でしょうか。ポイントをご紹介します。


自然素材のメリットデメリット「床」

床に用いられるのは、一般的な素材であれば工場生産のフローリング材、自然素材であればヒノキやスギの無垢材です。工場生産のフローリング材の場合、メリットとしてはお手入れの簡単さや材質の安定性が挙げられます。表面にコーティングがされているため傷がつきにくく、長期間使用しても材質がさほど劣化しません。一方で自然素材のメリットは、木そのものを活かした感触や香りが楽しめる点にあります。またもし傷がついても、削ってしまえば問題ありません。しかしデメリットとして、材質の不安定性があります。天然素材であるため劣化しやすく、寒い時期は木が収縮して隙間が生じ、湿気の多い時期は膨張してしまうという変化があるのです。

自然素材のメリットデメリット「壁」

壁に用いられるのは、一般的な素材であれば工場生産のビニールクロスであり、自然素材ならば珪藻土や漆喰塗りの壁です。ビニールクロスのメリットは、色や柄、機能性にバリエーションがあることや、貼り替えが簡単なことです。お子さんやペットが汚しても、拭き取ればキレイにすることができます。一方で自然素材のメリットは、室内の環境を整えたり、気分をリラックスさせてくれたりする点です。特に珪藻土や漆喰塗りは湿気に強いため、水分を吸って室内の空気を快適にしてくれます。デメリットは、お手入れに手間がかかることです。子どもの落書きなどを落とすことが難しく、経年劣化によって割れてしまうこともあります。


自然素材でアレルギーは解決できるの?

住宅が原因で発生するアレルギーは、その多くがホルムアルデヒドなどの化学物質が影響しています。工場生産される床材や壁紙には、材質の安定性や機能性向上のために化学物質が使用されており、体質によってはそれに反応し、咳やくしゃみ、じんましん、めまいや嘔吐などを引き起こすことがあります。化学物質が使われていない自然素材であれば、アレルギーのリスクは格段に低くなるでしょう。また、無垢材は室内の湿度を一定に保つなど、過ごしやすい環境に整えてくれることも事実です。しかし、家を構成しているのは、床や壁の素材だけではありません。断熱材や接着剤など、室内からは見えない部分にも様々な材質が使われています。注文住宅によってアレルギーのリスクを減らしたい場合は、これらの素材にも気を遣ってみることがポイントです。注文住宅のメリットを活かし、快適な家を目指しましょう。

  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ