創建工房 コラム

注文住宅 坪単価

注文住宅の坪単価|比較からポイントまで

注文住宅を検討する際に気になるのは、やはりコストです。住宅コストを検討する目安として「坪単価」があります。坪単価の計算方法や、注文住宅でコストを節約するためのポイントをご紹介します。


そもそも「坪単価」とは?

坪単価とは、住宅を建てる際に1坪あたりいくらの費用がかかるかを計算したものであり、「坪単価=住宅の本体価格÷延床面積」という式で算出できます。この坪単価を見ながら、住宅費用を検討していくのが一般的ですが、坪単価のチェックにあたっては気をつけておきたいこともあります。ポイントは、坪単価の計算方法はメーカーによって異なる場合があるという点です。坪単価の計算において「延床面積」を用いる場合、バルコニーや吹き抜けなどは含まれていません。一方で「施工床面積」で計算する場合は、バルコニーや吹き抜けも含まれています。そのため同じ建物で算出しても、施工床面積で計算するほうが、坪単価は安く見えるのです。

坪単価が安いのはハウスメーカー?工務店?

ハウスメーカーと工務店では、坪単価が異なる傾向があります。ハウスメーカーの場合、広告宣伝費や住宅展示場のコスト、人件費などが住宅費用に含まれるため、坪単価が高くなりがちです。一方で工務店であれば、ハウスメーカーほど広告宣伝費や人件費などがかからないため、比較的坪単価が低めです。しかも、工務店は地元に密着した商売であることが多いため、アフターサポートが迅速であるというメリットもあります。そのため、ブランド力を重視して多少のコストは負担できるという場合はハウスメーカーを、低コストで堅実な造りを求めるならば工務店がおすすめです。


注文住宅にかかる費用を節約する方法

注文住宅にかかる費用を節約するには、いくつかのポイントがあります。まずはコストを抑えられる業者を選ぶということ。既に述べたハウスメーカーと工務店の違いも参考にしながら、複数の業者に見積りを依頼してみると良いでしょう。また同じ延床面積でも、建物内部の造りが複雑であれば、その分だけ費用が上がっていきます。凹凸があったり、水回りの設備が点在したりしていると、その分だけ材料費や施工費がかかるのです。そのためシンプルな設計にする、水回りは1箇所に集中させるなどの工夫をしてみましょう。また、壁の数を減らすことも材料費を抑えるためのコツです。このように住宅設計時にちょっとした工夫をすることで、坪単価は節約することができます。

  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ