創建工房 コラム

子育て注文住宅を建てるポイント

住宅の間取りは子育てに大きな影響があります。注文住宅であれば、子育てに適した住まいを実現しやすいです。しかし漠然と理想はあるものの、どのような間取りが良いのか分からない人もいるでしょう。そこで今回は子育てを重視して注文住宅を建てる場合のポイントを紹介します。


子どもを見守れるオープンスペース


子どもとコミュニケーションをしっかりとりたい…と考えている親は多いでしょう。しかし毎日忙しく家事をしていると、子どもとの会話が少なくなりがちです。子どもから目を離す機会も増えてしまいます。子どもも親と接する時間が少ないと、寂しい思いをすることになるでしょう。

間仕切りを減らしてオープンスペースを増やせば、そのような事態を避けやすくなります。たとえばキッチン周りをオープンスペースにすれば、料理中でも子どもの様子の把握や会話が可能です。子どもも常に親の姿を確認できるので、安心してリビングで過ごせます。

また親が家事をしている様子が目に入るので、家事に興味が湧いて手伝うことが習慣になりやすいメリットもあります。

子育て注文住宅 画像1


シーズンアプローチを作る


注文住宅の魅力のひとつとして、シーズンアプローチを作れることが挙げられます。シーズンアプローチとは屋根を設けた広めの玄関アプローチのことで、小さな庭のような役割も果たします。

さまざまな利用方法がありますが、子どもにとっては天候に関係なく外遊びを満喫できる場所といえるでしょう。雨が降っていても、家の中ではできないようなボール遊びや縄跳びなどを楽しむことも可能です。子どもはいつでも気分転換できるので、雨天が続いてもストレスがたまってしまうことを防げます。

また日差しが強い日も日陰になるので遊びやすかったり日射病になるリスクも減らしたりすることができます。室内から見えるように設計すると、親が付き添わなくても安心して遊ばせられるでしょう。

子育て注文住宅 画像2


子どもと共に成長するフレキシブルな間取り


子どもの成長と共に、家族のライフスタイルは変化していきます。そのため子どもの年齢に応じて、住まいの理想的な間取りは異なります。建築時には暮らしやすい間取りであっても、数年後には暮らしにくくなってしまう可能性があるのです。

しかしフレキシブルな間取りにしておくと、暮らしやすい状態を保ちやすくなります。注文住宅の場合は、可動式のパーティションで構成を変えられるような間取りが実現可能です。アイデア次第で子育てしやすい構成にできます。

たとえば、子どもが幼い間は一緒に過ごすワンルームにしておき、成長と共に複数の部屋に分けるケースなどが考えられます。ぜひ今回紹介したポイントを意識して、子育てに適した注文住宅を建ててみてはいかがでしょうか。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ