創建工房 コラム

注文住宅

土地 土地探し

注文住宅の土地探しから購入まで

注文住宅を購入して家を建てるのには、「土地」が必ず必要になってきます。しかし一生に一度ともいえる夢のマイホーム購入となると、つい間取りなどの居住空間ばかりに気を取られ、肝心の土地について疎かになりがちです。ここでは注文住宅を建てる土地探しを行うにあたって知っておくべきことや気を付けておきたいことなどをまとめています。


土地の探し方


注文住宅を購入する際は、家を建てる土地探しからはじめていきましょう。どれだけ素敵な間取りが思い浮かんでも、肝心の建てる場所がなければ意味がありません。

そのため、まずは予算や大きさや場所などを家族で話し合い、全員が納得できる条件を整理しておくのが定石です。家族内である程度話がまとまっていれば、不動産会社や建築会社などに相談したときに話がスムーズに進みやすくもなります。

また、土地探しをする際はつい更地にばかり気を取られてしまいがちですが、売りに出ているのは更地だけではありません。例えば再建築可能な「古家付き」の物件です。こちらを選択した場合は古家の解体費用が別途かかってしまいますが、建てる場所というものは妥協してはいけない非常に重要なポイントですので、希望する地域に更地がない場合はそちらにも注目してみると良いでしょう。

注文住宅 土地 画像1


不動産会社や建築会社に土地探しを依頼する


土地探しの方法として一般的なものといえば、不動産会社に希望の条件を伝えて希望に近い物件の情報を提供してもらうことです。個人経営の小さな不動産会社でもない限りはグループ会社の持っている物件情報も提供してくれますので、この方法が最も手軽で効率の良い土地の探し方だといえます。

しかし、土地探しの段階から注文住宅の建設を依頼する建築会社に直接相談するといった選択肢をとっている方も少なくはありません。建築会社自体に仲介や斡旋を担当する部署を設けているケースもありますし、不動産会社と提携していることもあります。

また、土地探しの段階から建築会社に相談しておけば、その土地に希望する家が建つのかをすぐに判断してもらえるというメリットもありますので、不動産会社に知り合いがいなければこの方法をとってみるのもひとつの手段です。

注文住宅 土地 画像2


土地購入・契約


希望する場所に土地が見つかれば、購入・契約です。土地購入の前には、まずその土地に関する重要事項の説明を口頭で受ける必要があります。これは宅地建物取引業法という法律で定められていることですが、事務的な流れだと思って疎かにしてはいけません。

土地は決して安い買い物ではありませんので、契約を結んだあとでトラブルを起こさないためにも、どんなにささいなことでも疑問点があれば聞いておくようにしましょう。特に、手付金や仲介手数料などの金銭に関わることはこの段階でしっかりと確認しておくことをおすすめします。

夢のマイホームをより素敵なものにするためには、建てる場所もとても重要な項目だといえますのでしっかりと目を向けていきましょう。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ