注文住宅と窓

注文住宅と窓

人生のなかでも、大きな買い物となる注文住宅。家づくりを考えるときに間取りや内装に気を取られて、「窓のことは考えていなかった!」というケースは意外に多いものです。住み心地の良い家を目指すには、窓の配置も見逃すことのできない大切なポイントになります。ここでは家を建てる前に考えておくべき、窓の配置場所についてご紹介します。

注文住宅 窓 画像1

隣家や道路との立地環境を考えた窓の配置

窓の位置は建てた後に変更したいと思っても、なかなか簡単に変えることはできません。そのため設計段階でしっかりと考えておくことが重要になります。特に隣家や道路といった立地環境は入念に下調べをしておきましょう。

例えば隣家との距離が近い部屋に大きな窓を取り付けてしまうと中が丸見えになってしまう恐れがあります。プライバシーを確保するためにも、できるだけ窓の位置は隣家の窓と重ならないように注意しましょう。

また、部屋が道路に面している場合も同様です。家の中が周りから見えてしまうと、防犯上の心配から昼間でもカーテンを開けられない、といった状態にもなりかねません。どうしても窓が必要な場合は窓枠に取り付けられる目隠し用のルーバーや、縦長のスリット窓を選ぶなど見せない工夫が必要でしょう。縦長のスリット窓は周りの視線を遮断しつつ、ほどよく風や光を取り込んでくれるので、人の目に触れやすい窓にはおすすめです。

採光・通風が良くなる窓の配置

窓は太陽の光を取り込むだけでなく、風を通す役割も持っています。採光・通風の2つの条件をクリアするには、窓同士が向かい合う配置がおすすめです。

東西・南北というようにそれぞれ窓を設置すると、風の入り口と出口ができ、風通しの良い部屋になります。このとき風向きも意識しておくと、より通風性の良い家づくりに近付けるでしょう。また、天窓をつくることもおすすめの方法です。暖まった空気は上に溜まる性質を持っていますが、天窓を取り付けることで熱い空気が外に排出されやすくなり、家全体の風通しが良くなります。

大抵の天窓には光を遮るものがなく、外の光を効率的に集めやすいのも大きな魅力です。空からたっぷりの光が差し込み、家の中を明るく照らしてくれるでしょう。 こうした細やかな希望が叶えられるのも、注文住宅の利点と言えます。

注文住宅 窓 画像2

家具の配置を考えた窓の配置

注文住宅は、自分の理想とするデザインを基にして家を建てられる点が大きな魅力といえます。ログハウス風や純和風といった外観にこだわりを持ってみたり、屋上庭園を作って見たり、開放的な空間作りを目指して「壁一面を窓にしよう」と考える人もいるでしょう。

しかし壁一面に窓を取り付けるとそのぶん壁の面積が減り家具を置く場所に悩んでしまうケースもあるので、まずは家具をどこに配置するのかを決めておきましょう。あらかじめ決めておけば窓をどこに取り付けるのかもイメージしやすくなります。

また、窓は設置する高さに注意が必要です。特に階段の窓を取り付けるときは、その高さが極めて重要になります。窓は施主から指定がない場合、通常床から2mの所に上端がくるように設置されます。しかし、ここでいう「床」とはあくまでも2階の床であり、例えば踊り場につけた窓であれば約3m以上の高さに設置されることになってしまうので、階段に窓を付ける場合は、忘れずに高さの確認をしましょう。

さらにもうひとつ、高い窓に気を付けなければならないのが寝室です。寝室は1日の疲れを癒す大事な空間ですが、暖まった空気は上に溜まり冷たい空気は下に流れる性質があります。そのため寝室の高い位置に窓を設置してしまうと、冷気が流れ込みやすくなり夏でも体を冷やし過ぎてしまう原因にもなります。寝室の窓は、枕元からなるべく離れた低めの位置に設定すると良いでしょう。

このように後悔のない家づくりをするためには、間取りや内装はもちろん、窓の配置にまでしっかりと気を配ることが大切です。立地環境や採光・通風、家具の配置や高さといったポイントをおさえて、快適に過ごしやすい家を目指しましょう。

家づくりに失敗しない方程式を学べる
無料の勉強会「家づくり寺子屋」

どなたでも参加OK!
家づくりの知識をスキルアップできる
無料の勉強会を開催しています。

家づくり寺子屋