注文住宅で省エネ住宅を建てる

注文住宅で省エネ住宅を建てる

注文住宅は施主の理想のライフスタイルを基にして造られるのが魅力的です。それが省エネ住宅なら、自然との調和に優れた健康的な毎日を手に入れることにもつながるでしょう。近年、環境問題がクローズアップされるようになり省エネ住宅に対する関心も高まってきました。健康的にも経済的にも優しい住宅環境を省エネ住宅で手に入れましょう。

省エネ住宅って何?

注文住宅 省エネ住宅 画像1

省エネ住宅とは、自然エネルギーを取り入れ石油やガス、電気といったエネルギー消費を軽減するように造られた住宅のことです。耐久性にも優れ日常生活の中でかかる光熱費やメンテナンス費を抑えられるので現在ではさまざまなメーカーが省エネ住宅を提案しています。

そんな高性能住宅を実現しているのは、断熱と日射遮蔽、さらに気密性にも優れた壁やドアなどの建材や、住宅の内外部で行われる熱循環を適切にコントロールするシステムです。そのため暑さや寒さにかかわらず一年中快適性の高い住居環境を得ることができます。このように熱コントロールに長けている省エネ住宅は季節を問わず、とても住み心地のよい住宅といえるでしょう。

省エネ住宅のメリット

省エネ住宅が選ばれる理由はさまざまありますが、一番に挙げられるのは冷暖房費を抑えられるという点ではないでしょうか。

断熱効果の高い省エネ住宅は、夏は熱を遮り冬は熱を逃がさないため、冷暖房効率を劇的に上げることが可能になります。家庭内における消費エネルギーの中でも冷暖房費は最も高い割合を占めていることから、省エネ住宅に住むことで大幅なコストダウンも望めるでしょう。

また省エネ住宅は自然換気システムを採用しており、高い気密性をもちながらも風通しが良いため、空気をきれいに保つことはもちろん、結露を防止し湿気を好むカビやダニの発生を最小限に抑えてくれます。さらにフロンやホルムアルデヒドといった有害物質を排出しない建材で造られているため、住む人にも地球にも優しい住宅といえるでしょう。

省エネ住宅のデメリット

健康的で経済的な暮らしに貢献する省エネ住宅ですが、一般的な注文住宅と比べるとその建築費用が高くなってしまう点はデメリットといえます。しかし現在では環境保護の観点から公的な補助金制度を利用できる場合もあるので、注文住宅を省エネ仕様にするか迷っているという方は関連した情報を集めてみると良いかもしれません。

初期投資の高さがデメリットとなる省エネ住宅ですが、その耐久性や永続的にかかる光熱費を考えると将来的には元を取ることも難しくないとされています。また、2020年にはすべての住宅に省エネ基準が義務化されることになり、これから購入を考えている方は前向きに検討されることをおすすめします。

注文住宅 省エネ住宅 画像2

家づくりに失敗しない方程式を学べる
無料の勉強会「家づくり寺子屋」

どなたでも参加OK!
家づくりの知識をスキルアップできる
無料の勉強会を開催しています。

家づくり寺子屋