創建工房 コラム

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEH(ゼッチ)という言葉を聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなものかはわからないという人も多いでしょう。そこで、ZEHの特徴と補助金制度について紹介していきます。メリットやデメリットにも触れているので、興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

ZEH住宅 画像1


ZEHって何?


ZEHとは省エネにプラスして創エネルギーを加えることで「自宅でエネルギーを創る」ことを目指した住宅のことです。世界的に問題となっている地球温暖化の課題を創エネルギーによってクリアすることが目的です。

省エネ住宅では省エネ効果で1次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気など)を抑えることができます。しかしZEHは発電するエネルギーが消費エネルギーを上回るためエネルギーの収支をゼロ、もしくはプラスにすることが可能です。

ZEHとして認められるには「断熱」と「省エネ」「創エネ」の3つがポイントとなります。住宅に「高断熱性能」「省エネ設備機器」「HEMS『家電や電気設備を制御する機器』」『発電システム』を設置してリアルゼロエネルギー住宅とすることがZEHの役割です。


ZEH住宅で補助金をもらう


ZEH住宅では補助金を利用することができますが、SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)が認定する条件を満たしていないと受け取ることができません。2016年度からは、ZEHビルダー制度が始まっていて、この制度に登録している会社でZEH住宅を建てると補助金がもらえるようになっています。

ZEHビルダーとは2020年度までに自社が受注する住宅の割合の50%以上をZEH住宅にすることを目標としている会社のことです。ZEHビルダーを掲げている会社はSIIの認定を受けているので補助金を受け取ることができます。登録しているZEHビルダーはSIIの公式HPで確認することが可能ですが、心配であればSIIに認定されたZEH住宅が作れるか会社に問い合わせるのが良いでしょう。

ZEH住宅 画像2.


ZEH住宅のメリット・デメリット


ZEH住宅の最大のメリットといえば電気代が安くなることですがデメリットもあります。

1つ目は断熱性をアップするために気密性を重視した住宅にしなければならないことです。窓を大きくしたい場合や玄関が大きい住宅には向かないので、デザイン重視で住宅を建てる際はデメリットになってしまいます。

2つ目は発電システムの設置が必須となるので費用が余分にかかることです。ZEH住宅を希望するならある程度の予算は把握しておくのが望ましいでしょう。ZEH住宅を建築する場合、初期費用はかかりますが毎月の電気代を大幅に抑えることができます。ZEH住宅=オール電化というわけではないので「ガス+電気」でも使用可能です。発電システムを地熱や風力ではなく太陽光にすると費用を最小限に抑えることもできます。家計にやさしいZEH住宅にしてエコ生活を始めてみましょう。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ