創建工房 コラム

注文住宅

耐震

注文住宅と耐震性

たびたび大きな地震に見舞われることの多い日本。阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな震災が発生し住まいに対する耐震性が求められています。そのため耐震性を備えた家を建てることができれば、ある程度の安心感も得られることでしょう。そこで注文住宅に関する耐震性のポイントについてご紹介いたします。

注文住宅と耐震性 画像1


耐震等級


「どんな家が地震に強いのか」「素人はなにを基準にして判断すればいいのか」など分からないこともあるでしょう。そんなとき客観的に判断できるものとして住宅性能の耐震性を表した耐震等級があります。

耐震等級は等級1から等級3まで3段階に分かれ、建築基準法に相当するレベルが等級1です。等級1は数百年に1度という極めてまれにしか発生しない地震に対して倒壊や崩壊しないという耐震性を有しています。等級2は等級1の1.25倍の力にも倒壊・崩壊しない耐震性、等級3になると等級1の1.5倍の力にも倒壊・崩壊しない耐震性です。

耐震性の評価は専門の評価機関が行っています。設計段階での図面のチェックを行う設計評価と実際設計通りに建築工事が行われ完成しているかをみる建設評価の2つがあるのです。設計図面をはじめとした必要書類をそろえて申請することができますが、通常は建築を依頼する工務店などを通して申し込みます。


耐震性のポイントは地盤、基礎、構造


注文住宅建築のときに大切になる耐震性については住宅が建つ土台となる地盤がひとつのポイントです。そのため、まず住宅建設を考える土地の地盤調査が必要になります。もちろんなにも問題なければ、そのまま住宅建設をスタートさせることが可能です。しかし地盤改良が必要という結果が出れば地盤改良工事を行い、その地盤に適した基礎を造るなど工法を検討します。

そして耐震性を保つうえで大切なポイントの2つ目は上に建築する建物と一体化し地震などが起こってもバラバラにならずにしっかり下で支えられる基礎です。建物自体の構造についても木造軸組工法の場合は筋交いの入った耐力壁をバランスよく配置し補強金物を設置するなど大きな地震が起こっても揺れに対抗できるようにする必要があります。またRC造の壁式構造や2×4工法では面を組み合わせた構造体で耐震性を確保します。

注文住宅と耐震性 画像2


木造住宅の耐震性


伝統的な木造住宅に加えて軽量鉄骨や鉄筋コンクリート造りなどさまざまな工法で建てられた注文住宅が増えています。ただ一見して鉄やコンクリートに比べて強度が足りなさそうに感じる木造住宅ですが、実はある程度の強度を備えながら揺れに対応できる柔軟性があるのです。

また木材は炭化するため表面は燃えやすいものの燃え尽きにくく、倒壊するまでには時間もかかるというメリットもあります。実際に木造住宅を建築する際は柱と梁、筋交いなど木の枠を組み立てて建てる在来工法だけではなく柱の接合部分に金物を用いるハイブリッド工法など新しい技術も取り入れられています。そのため伝統的な木造住宅のメリットを残しつつ、耐震性も保つことが可能になってきました。住宅の耐震性を考えるとき、はっきりした数字として分かりやすい耐震等級がありました。

実際に建築する際には地盤や基礎・構造に気を配ることが必要なのはもちろんですが、新たな技術を取り入れた木造住宅も耐震性が高まっています。希望に合う注文住宅を建てられるように各面でのポイントを押さえながら計画を練ってみてはいかがでしょうか。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ