創建工房 コラム

注文住宅

耐震 制振 免震

注文住宅の制振

注文住宅を建てる際、災害に備えた家作りを意識することも多いのではないでしょうか。特に地震大国である日本では地震対策に注目が集まっているのです。そこで今回は新しい地震対策として知っておきたい「制振」についてご紹介します。

耐震 制振 免震 違い 画像1


耐震・免震・制振の違い


建物を地震から守る機能には「耐震」「免震」「制振」の3つがあります。

耐震は地震の揺れに耐えるために建物の構造を補強したもので建物の構造体そのものの強度で地震の倒壊を防ぐことを目的としています。ただし強固にすることにより建物全体の強度を上げているため、地震の揺れや衝撃がそのまま住宅に伝わり地震のたびに建物にダメージを受けることになります。そのため繰り返しの地震には弱いというデメリットもあります。

免震は基礎部分に鉄球や積層ゴムなどを使った免震装置を入れることで地震の揺れそのものを建物に伝えにくくする工法です。地震に対して最も高い安全性を誇る一方で狭い敷地では対応できないなどのデメリットも存在します。また費用の面でも割高になる傾向です。

最後に制振は地震による振動を制限する制振装置によって地震による振動を吸収して建物の変形を小さくしています。これは建物の損壊を少なくすることを目的とした構造といえます。免震工法に比べて費用も安く済むことから注文住宅を建てる際、ハウスメーカーや工務店でも多く提案する工法です。


耐震に加え注目されている”制振”


耐震構造は建物の構造を強固にして地震に備える構造です。しかし地震によるダメージを受けやすくダメージが蓄積することで建物に損傷がでるというデメリットがあります。そこで注目を集めているのが耐震構造に制振をプラスするという工法です。

建物の構造を強化し地震の揺れを逃がす工法を採用することで建物の損壊を最小限にとどめる効果が期待できます。実は現代の新築住宅は、ほぼすべて耐震住宅と呼べるほど耐震に優れているので新たに地震対策を強化する場合には「耐震工法+制振工法で建てるか」「耐震工法+免震工法で建てるか」の2択となります。


建物に揺れを伝えない”免震”


免震工法は基礎部分に免震装置を入れることで地震が起きたときは地盤と建物が別の動きをすることになります。そのため免震装置を設置するにはある程度の敷地の広さが必要となり、狭い敷地面積では設置できないことがあります。建築費は一般的に300万~600万円となっており、そのほかにも水道管や建物の内と外をつなぐ設備に費用が掛かることがあるのです。

また構造上地盤から1階の床の高さが高くなってしまうのでビルトインガレージや車いすなどのスロープの設置が難しいというデメリットもあります。ただし地震の際制振工法に比べて揺れが少なく家具の転倒や人の転倒は最小限に抑えられるという点がメリットです。デメリットも踏まえた上で注文住宅の敷地や予算に余裕がある場合は、最も安全性の高い工法として選択する価値があるでしょう。

耐震 制振 免震 違い 画像2
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ