創建工房 コラム

注文住宅

駐車場

注文住宅で駐車場作るときの注意点

注文住宅を建てる際に、駐車場も作るというケースは多くあります。しかし、幅や位置、何台駐車するかまできちんと把握していないと、すべて終わった後にトラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。そこで今回は、注文住宅で駐車場を作る注意点について紹介していきます。

注文住宅 駐車場 画像1


駐車場のサイズ・位置


まず、駐車場のサイズから見ていきましょう。5ナンバーを所有している場合、車のサイズよりも前後50cmと左右65cm広げた、長さ550cm、幅298cmの駐車スペースが必要となります。軽自動車であれば長さ400cm、幅220cmで、ワゴン車(大型の普通車含む)であれば長さ590cm、幅260cm必要です。自分が所有している車をチェックして、十分な大きさを確保するようにしましょう。

次に、注目したいのは駐車場の位置です。駐車する台数によって、駐車場の位置が変わってくる場合があります。2台駐車するスペースを確保するために、家全体の位置をずらさなければならないということもあるでしょう。何台駐車するかで設計が大きく変更されることがあるため、早めに業者に伝えることを忘れないようにしてください。


2台分の駐車場を確保する


2台分駐車する場合に、向いている方法とそうでないものがあるため見ていきましょう。まず、「並列駐車」についてですが、並列駐車は道路に対し、平行に駐車する停め方でスペースを大きく取ります。2台駐車するには不向きなので避けた方が無難です。

次は、「縦列駐車」です。こちらは、駐車場の入り口幅があまり取れないという場合に、車を縦にして駐車する方法です。2台駐車することが可能なので、将来的に2台駐車する予定があるというときに活用できます。

最後は、「直角駐車」です。道路に対し直角に駐車するため、駐車しやすいメリットがあります。広い駐車スペースを確保できるのであれば、2台駐車するのには直角駐車がもっとも適しています。

注文住宅 駐車場 画像2


ビルトインガレージ


ビルトインガレージとは、家と一体化させたガレージのことです。注文住宅を作る際は、ビルトインガレージにあこがれを抱く人も多いでしょう。しかし、ビルトインガレージはコスト面での負担が大きいため、作る際は注意が必要です。

通常の駐車場を作るよりも費用がかかりますし、何より固定資産税の対象になってしまうのです。家屋調査後に増築した場合も評価対象です。評価額は居室よりは低いですが、電動シャッターや面積が広いとその分評価額が高くなる可能性があります。ビルトインガレージが固定資産税から除外される条件は、ビルトインガレージの床面積が建物全体の床面積の5分の1であることです。少しでも負担を減らしたい場合は、大きさに注意して作るようにしましょう。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ