創建工房 コラム

IoT注文住宅

インターネット技術が普及し、パソコンやスマホからさまざまな情報やサービスを簡単に得られるようになりました。さらに、実在するモノ同士をネットワーク上でつなぐことで幅広い利用法が模索されています。新たなライフスタイルの象徴として、IoT住宅に期待が集まっています。どのような可能性を秘めているのでしょう。

注文住宅 IoT 画像1


IoT住宅とは


IoTとは、Internet of Thingsの頭文字をとった言葉で、まさにモノ同士をネットワークでつなぐことを意味しています。具体例を挙げれば、室内の家電製品をスマホなどで操作できることです。インターネット技術を活用しているので、外出中にエアコンの電源を確認したり、玄関ドアの開閉をチェックしたりするなど、用途は無限大に膨らみます。IoT住宅とは、そのようなシステム構築を前提に建てられる住宅です。家族の将来性を考慮してシステムの拡張を図るなど、注文住宅には新たな期待が寄せられます。


スマート家電で出来ること


IoT住宅を実現する上で必要となるのが、ネットワークで制御可能なモノ作りです。かつての製品はIoTに対応するとは限りません。そこで、スマート家電と呼ばれる制御可能な電化製品が求められています。住宅メーカーと製造メーカー、さらにはネットワークシステムが融合することで、IoT住宅は大きな価値を持つからです。

スマート家電には冷蔵庫や照明、テレビ、掃除機など生活に欠かせないさまざまな家電が含まれます。ネットワークの特徴を活かせば、遠く離れた家族の生活を確認したり、戸締りや消し忘れなども簡単です。さらには、留守中でも照明の自動点灯ができ、防犯効果にも期待できます。

注文住宅 IoT 画像2


おすすめスマートスピーカー


スマートスピーカーとは、自宅のキッチンやリビングなどに据え置きする音声機能を備えたデバイスです。調べ物やメッセージなどを口頭で受け付けてくれるので、誰でも簡単にIoTを利用できます。

おもなスマートスピーカーとしては、検索大手のGoogleが提供している「Google Home」がおすすめです。膨大な検索データベースを生かし、さまざまな質問に答えてくれます。また、高い音声認識率も特徴で、家族それぞれの声を識別することも可能です。

通信販売大手のAmazonも「Amazon Echo」を日本向けに提供しています。特に、Amazon関連のサービスや各日本企業との連携も進んでいることから、IoTのシステム構築を見すえた事業展開に期待がもてます。

さらに、アジア地域で人気のLINEは、「LINE Clova」というスマートスピーカーを売り出し、日本向けに特化した機能を備えて人気です。童話の読み上げなど、より日本の一般家庭を意識した作り込みが特徴です。

各社のスマートスピーカーには人工知能AIが搭載されていて、学習をすることでさらに使いやすくなる機能を盛り込まれています。スマートスピーカーは、IoT住宅を語る上で注目のアイテムです。

注文住宅 IoT 画像3
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ