お金に関する質問

Q.「ライフプラン」って家づくりに必要なんですか?

回答

A.「夢のマイホーム」だけが人生のすべてではない!

家をつくってからも、人生は続きます。

例えば、子育て世代ならば教育資金

内閣府の試算によれば、

 

・幼稚園から高等学校まで公立、大学のみ国立に通った場合 約1,147万円

・小学校は公立、中・高・大学を私立に通った場合、約1,817万円

さらに、大学で自宅を離れて暮らした場合には、2,004万円かかるのだとか。

 

そのうえ、子どもが巣立ったあと、つまり自身の老後資金についても考えておかねばなりません。

厚生労働省試算では、

60歳代世帯の生活費は1ヶ月30万円、70歳代以上で22万円。

つまり、1年間に60歳代が360万円、70歳代以上で260万円となります。

人生100年時代になり、例えば老後65歳〜95歳までの30年間生きるとすれば、

360万円×5年+260万円×25年=8.300万円が必要に!

 

こう考えてみると、夢のマイホームだからといって、全財産をつぎ込むことはできないはず。

そこで必要なのが、ライフプラン

教育費や老後資金だけでなく、その家族ならではのさまざまな未来の出費を想定し、どれだけ家づくりに資金をあてることができるか、を明確化するものです。

家づくりにおいて、その後の人生を考えることこそが最も大事と心得ましょう。

 

ライフプランについてもっと深堀り!
https://sokenkobo-en.co.jp/column/13952/

もっと聞きたい、勉強したい方は 「家づくり寺子屋」
https://sokenkobo-en.co.jp/terakoya-top/


モデルハウス

電話する

資料請求