カテゴリー

出会い

奥様の小さい時からの夢であった自分の理想の家づくり。最初に事務所に来られた時にはすでに、こんな間取りがいい!というものが決まっていました。また、自然素材にも興味を持っておられ、「木の家に住みたい!」というお気持ちがすごく伝わってきました。そして、ご主人様も同じ気持ちになったところで、いよいよ土地探し、家づくりがスタートしました。

建物に関するお施主様の要望

・とにかく自分たちに合ったサイズの間取りにしたい。 ・各個室は小スペースで、家族の空間を広く。 ・大きな吹抜けがあるリビング。 ・古材をたくさん使いたい。

ご提案点

・裏が南向きなので、そちらに大開口があるリビングを配置しました。 ・大きな吹抜けがほしい、ということで、2階の屋根をそのまま落としてくる形としました。 ・2階にはその吹抜けからリビングを眺められるところに、家族みんなの勉強スペースを確保しました。 ・適材適所に古材を使えるよう、工夫しました。

お施主様から



「縁 創建工房」との出会いのきっかけはなんでしたか?
奥様「私は子どもの頃から間取り図の描くのが趣味で、マイホームをつくる機会をずっとうかがっていたんです(笑)。『縁 創建工房』のサイトを見つけ社長のブログも全部読みその内容に共感して、社長にぜひ会ってみたいと。主人に内緒で見学会や勉強会に一人で参加しました。」
旦那様「僕はそんな妻の行動を全然知らなかったんです。夜寝てたら突然『家建てようと思ってんねんけど…』と目の前に数社の資料を並べられて。妻がそれぞれの工務店さんの良さをプレゼンしはじめて!でも『縁 創建工房』の時の説明がめっちゃ熱入ってて、ココにするってもう決まってるやん…と思いましたけど(笑)。」

リビングの吹き抜け空間が贅沢で、2階はご夫婦の部屋&子ども部屋の2間。
どうしても部屋数は多く、収納も多くしたいという欲求に負けてしまいそうですが、ずいぶん思い切った間取りですね。
奥様「必要ない部屋はいらないと思ったんです。2階は私達がこもれる部屋と、子供がこもれる部屋がそれぞれ1室あればいい。吹き抜けをやめて2階に3部屋作るのが一般的かもしれませんが、自分達にとって必要なものを優先順位をつけて考えました。その結果リビングには吹き抜けの解放感と広さが欲しいと。キッチンを壁付けにしたのもそのためです。」

キッチンシンクも下がむき出しになっていてすごく個性的ですね。
奥様「キッチンに収納が少ないのも、ストックしても結局忘れてしまって無駄になるから。家族3人でそんなに沢山の物は必要ないと考え、見せる収納で合理的に暮らしたいと考えました。ただ見せる収納って雑誌のようにお洒落にするのが難しくて…現在、試行錯誤の途中ですがそれも楽しいです(笑)」

ストイックで完璧なインテリアも素敵ですが、T様邸は適度に暮らしの気配があってほっこり落ち着きます。
照明もアンティーク等のこだわりアイテムを沢山使用されていますね。
奥様「アンティーク照明は半分くらいでしょうか?残りもちょっとレトロなテイストのアイテムが多いです。」
旦那様「自分達は自分達らしくいこう!と。流行りよりも自分好みであることを大事にした家づくりをしたいと考えました。僕達が変わってることは自認していますし(笑)、だから変わった社長に家を建ててもらって良かったな〜と(笑)。」

最後に、『縁 創建工房』での家づくりで感じられたことがあれば。
奥様「やりたいことは絶対に否定せず付き合ってくれるんですが、なんでも言うことを聞いてくれるのとは違うんです。リビングの上を全部吹き抜けにしたいと話していたんですが、それだと強度の問題で長期優良住宅の認可がもらえない。そこで一部天井を作ったり、様々な提案をしてもらえました。」
旦那様「悩んでいる方は、まずは一度会って話を聞いて…ということをぜひやってみて欲しい。特に『縁 創建工房』の家は木の香りもスゴイし、内装も雰囲気もインパクトがあって…今見ているパソコン画面からでは解らないこと、伝わらないことが沢山ありますよ!」
奥様「なんなん、その『今ええこと言ったやろ』みたいなドヤ顔は!(笑)」



取材中も息ピッタリで、まるで夫婦漫才のように楽しい雰囲気のご夫婦。「自分達らしさ」に丁寧に向き合った家は、既成概念やルールに縛られることのない、自由でクリエイティブな空気に満たされていました。




ご主人様より
ある日寝ていたら、妻から「なあ、家建てようと思うねん」と起こされ、数社のパンフレットを並べられ、連れて行かれた完成見学会の会場で社長とお会いしたのが私にとっての家造りの始まりでした。
実際スタートしてみると土地探し、予算の事、間取り、と様々な壁がありました。
しかし、私たちがいくら心折れそうな時でも創建工房のスタッフさん達は常に支えてくださいました。はじめてだらけの私たちにとってどれほど心強かったことか計り知れません。
どんな些細なことでも決して妥協せず、私たちの思いの実現のために必死になり一緒に考え、提案していただきました。
今、家が完成して改めて思うことは、「この会社でしかこの家は建てられなかった」ということです。もしこれを読んでくださっている人が家造りの事で迷っているならまずは相談してみて下さい。
少しぶっきらぼうでとっつきにくく見えるかもしれませんが先輩施主として自信をもって言えます。
「その人たちはどんな小さな悩みでも一緒になって考えてくれます。」
それこそが私がこの会社をおすすめする最大の理由であり、一番有り難い事です。
実は子どもの頃に近所にあった和風木造家屋の前を通るたび、車の中から眺めて、憧れていたのですが・・・
木の家はほんとにいいですよ~

奥様より
超氷河期時代と言われた世代の私たち夫婦の収入では、子どもの頃からの夢だった家づくりは雲の上の話でしたが、ホームページで見た創建工房さんの家づくりに対する姿勢に感じるものがあり、話だけでも聞いてみたいと思って事務所を訪ねたのが最初です。
すでに他社を何か所かまわっていたのですが、私が知りたいのはおしゃれな内装でもモデルハウスでもなく「私達が木の家をつくるには、どうすればいいか」という見通しでした。
こちらの「寺子屋」でお金の仕組みの良い部分も悪い部分も学べたことで、家づくりが具体的な目標に変わった時は嬉しくて、家で寝ていた夫をたたき起こしてプレゼンテーションしてしまいました。
契 約前後関わらず、色んな疑問や相談に応じてくださり、わがままな私達施主と一緒に考えていただいたスタッフの皆さんには頭が下がります。また、一戸建て は、家主が手を入れながら住み続けるものなので、完成した今後のことを考えると、信頼できるところにお願いできてよかったです。
完成時期は、酷暑真っ盛り。一般的には、「夏暑く、冬寒い」と言われる吹き抜けがある我が家ですが、帰った途端「あれ?クーラーつけっぱなしだったっけ?」と思うくらい、涼しいです。素足で歩いた床の感触はサラサラで、想像していた以上の気持ちよさです。
近頃はかなり寒さが厳しくなってきたのですが、1台の蓄熱暖房機で1日中ほんのり暖かいので、帰ってきて玄関をあけると本当にホッとします。
熱と湿気がたまりやすい枚方で育ってきた私は正直びっくりしましたし、電気代が以前よりグッと下がったことにも驚きました。
そして、新しいものは気持ちいい、というのはよくある事ですが、私はこの家の数十年後も楽しみです。一部に取り入れた古材の様に、今は新しい外壁も、建具 も、床も、梁も、味わいを増していく素材。もちろんお手入れは必要ですが、年齢を重ねていく中でそんな楽しみがあるなんて、凄く贅沢で、私はこれがまたワ クワクしています。
お金に関する若い話題はつきない時代ですし、どこに住んでも幸せならよいと思います。ただ、もし創建工房さんの仕事にピンと感じたなら、話をしてみる事だけでもおすすめします。
職人さん達と家づくりをすすめるにあたって、創建さんの様なスタイルを貫くことは、本当に大変かと想像します。しかし私達家族は、納得とこだわり、そして愛着のある家づくりができて、本当に有り難い気持ちです。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ