3世代が暮らしやすく、気を使わない最良の形を考え、二転三転しながらも、落ち着く空間を作りました。

縁 創建工房との出会い

山形県からご実家へ帰ってこられるご夫婦の家づくりでした。山形県からインターネットで検索していると、ご実家のすぐ近くに、木の家づくりをしている当社を発見。メールにてたくさんのやり取りをさせていただき、大阪へも遠い中通っていただき、見学会にも参加。当社へご依頼をいただきました。

お客様のご要望

  • 木をふんだんに使い、見た目にも木の家、というお家にしてほしい。

  • おじいさん、おばあさんは介護が必要な時もあるので、バリアフリーは絶対。

  • お互い気を使わないように、トイレを別々に使用できるように。

  • 息子さんが家を継いでいくことになるので、将来的な変化にも対応できるように。

ご提案

  • 外部庇を大きく取り、檜の柱を使いました。

  • トイレを介護用と一般用に分け、1階廊下の幅を、車いすにも対応できるようにしました。

  • 将来家族が増えた時のために、2階の部屋はフレキシブルに対応できるようにしました。

  • 広いお庭を眺めておじいさん、おばあさんが落ち着けるように、縁側を設置しました。