創建工房 スタッフBLOG

お家づくり 創建工房

木材の紹介 ※セン

こんにちは、北川です。

数回にわたり紹介しました木材シリーズ、
そろそろネタ切れ感もありますが、紹介できる限りはブログでUPしていこうと思います。

今回紹介するのは「セン」という木材です。
私も当社に入社するまでは知りませんでした。
知ったきっかけは当社でフローリング材で使用していたからです。

ではどんな特性があるのか、紹介していきます!

センには大きく分けて「ヌカセン」と呼ばれる木材としての性質の良い樹種と、
「オニセン」または「タランボセン」と呼ばれる硬さが特徴の樹種の2種類に分けられます。
それぞれ長所が違うため、使用用途が異なりますが、狂いが少ないという特徴を持つことから
一般的にはヌカセンの方が好まれるようです。

産地は日本各地に自生していますが、北海道産が多いようです。

センの木材としての大きな特徴は比重が軽い割には強度があり、尚且つ、加工が容易だということです。

センは木目が高級材のケヤキと似た仕上がりを得ることができるため、着色して代替品に使われたり、
漆器の木地などに使われたりしているようです。
(おそらく見た目ではどちらを使っているかわかりません。)

また木目が力強いことから昔から和家具などに好んで使用されてきました。

さまざまな家具等で使用されていますので、センに限らず「この家具は何の木材を使っているか?」を
意識して見たり触れたりされるとおもしろいと思います!
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ