創建工房 スタッフBLOG

お家づくり 創建工房

木材のご紹介 ※レッドシダー

こんにちは、北川です。

いよいよ近畿地方も梅雨入りしました。
この時期は外部の工事が雨で工程に支障が出たりします。
毎年できるだけ雨が降らないように祈っていますが、今年はどうでしょうか?

さて木材紹介シリーズ、今回は「レッドシダー」です。

レッドシダーの正式名称は「ウエスタンレッドシダー」といいます。
通称「米杉」とも呼ばれるヒノキ科ネズコ属の樹木です。

特徴としては、耐久性・加工性・安定性・コストパフォーマンスが優れているなど、
木材の中でもトータルバランスのよさから、非常に信頼性がある木材であり、
ウッドデッキ・フェンスなどから高級家具材まで使われているほど、プロからアマチュアの木工DIYまで
広く愛用されている人気のある木材です。

また防腐処理をせずに屋外で使用することができるともいわれています。
条件によりますが、10年から20年の耐久性があると言われています。

殺菌成分と防虫成分を含んでおり、天然の抽出成分が木の繊維に深く浸み込んでおり、
腐食に対してかなりの耐久力を発揮します。

通常は、樹木を製材して使用すると木材に「そり」や「ねじれ」といった現象が起こりますが、
ウエスタンレッドシダーは他の木材に比べ比重や収縮率がきわめて低く、
反りや曲がりそして割れなどが非常に少ない木材です。

実際に手で触ってみると非常にソフトな感触があります。

表面は綺麗な色合いとウエスタンレッドシダー特有の甘い香りで、癒し効果やリラックス効果があります。
その他、断熱性、耐火性、音響効果など、様々な優れた特徴があります。

ウエスタンレッドシダーは、柔らかいので加工しやすいのですが、同時に傷がつきやすいともいえますので、
取扱には十分注意が必要です。
  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ