創建工房 スタッフBLOG

お家づくり 創建工房

木材の紹介 ※杉編

こんにちは、北川です。

世間ではコロナウイルスが蔓延しています。
不要不急の外出を控え、私たち自身でできる予防をしっかりと行い、
(手洗い、うがい、マスク着用、睡眠、食生活、などなど)
感染しないようにしましょう。

前回、木材の紹介として「ヒノキ材」を紹介しました。
今回はヒノキ材と同じくらいメジャーな木材である「杉材」を紹介します!

杉は前回紹介したヒノキと同じ「針葉樹」で柱や梁の建築材として使われることが多いです。
「赤味」と「白味」で杉の部位によって色が違うのも特徴です。

また非常に柔らかい素材であるため、フローリングで使用すると足触りは抜群です!
そのうえ、ヒノキ以上に蓄熱性能に優れているため、杉のフローリングはすぐに暖かくなります。
あと、ヒノキほどではありませんが、杉材独特のいい香りもあります。
柔らかいゆえに粘り強い性質があるため、当社では構造材の中でも「梁材」は粘り強い特性を活かして使用しています。

その反面、非常に柔らかい素材であるため、キズが付きやすい特徴もあります。
また杉自体は軽い木材であるため、本棚や食器棚など重たいものを収納する可能性のある家具には向いていません。
そして反りの原因にもなる湿気を逃しやすいため、変形や狂いも生じにくいのもポイントです。

上記のようにいろいろと特徴はありますので、
家具やフローリングで使用する際はぜひ参考にしてみてください!

  • 創建工房の家づくりに役立つコンセプトブック無料プレゼント!!
  • 親子体験や見学会、セミナー情報など随時開催しています。イベント・見学会

このページの先頭へ