建物に関する質問

Q.外観ももっとデザイン性の高い家を建てたいのですが、どれも「四角い家」ばかり。なぜ?

回答

A.角(カド)が増えるとお金も増える!

なぜ、四角い家が多いのか?

それは、単純に複雑なカタチになると、それだけ費用がかかるからです。

 

標準的な四角い家の角は、4つ。

そこにひとつ凹みを入れてみると、角が2つ増えて6つになります。

角が増えると、それを支える柱が増えます。

柱が増えると、壁も増えます。

壁が増えるということは、外壁の面積も増えます。

さらにいうと、屋根の数が増えることもあれば、基礎工事が増えることもあります。

 

だから、四角い家よりも必然的に費用がかかってしまうのは仕方ないこと。

見た目が四角いカタチの家が多いのは、理にかなっているといえます。

 

ですから、ちょっと複雑なカタチをしたかっこいい家を建てたい!と思うなら、そのデザイン性の分だけお金もかかることを覚悟しておくこと。

 

また、デザイン性だけでなく土地に関わる場合もあります。

例えば、複雑なカタチをした敷地内に、その地形を有効活用するべくそのカタチに沿って建てる、というパターン。この場合は致し方ありません。

 

しかし、この角が増えるとお金も増えるという法則を知っていれば、

 

A 少し狭いが、四角い土地

B Aより広めだが、複雑な土地

 

という同価格の土地があった場合、どちらを選んだほうが良いかの指針となるはず。

あなたならAとB、どちらにしますか? 

 

もっと聞きたい、勉強したい方は 「家づくり寺子屋」 https://sokenkobo-en.co.jp/terakoya-top/

 


モデルハウス

電話する

資料請求